音作り

207 の用例 (0.01 秒)
  • 音作りの上では、まず第一にリズムを意識するというテーマがあった。
  • 労作となった背景には音作りに加え、アルバムの制作方針も影響したという。
  • 彼の音作りの目的がはっきりしていたからでしょうね。
  • 楽曲の雰囲気、空気、音作りなどをとても大切にするドラマーである。
  • 機材を選ぶ役目を担っており、メンバーの意図に合わせて音作りをする。
  • 当時の流行からか、電子音を多用した音作りがなされている。
  • 多くの外部ミュージシャンを招き、実験的な音作りがなされている。
  • 複雑な音作りが楽しめるモデルとして、マニアや専門誌から絶賛を受けた。
  • ディランは本作の音作りに関して「プロのアルバム」と語っている。
  • しかもサウンド的には、米国の最先端の音作りとほとんど同じです。
  • 後に父親のシンセサイザーで遊び始めたのがきっかけで、作曲や音作りに興味を持つようになる。
  • バンドは本作で、キーボードを重視した音作りに挑戦した。
  • 多くの製品に共通している特徴は非常にパンチの効いたメリハリの強い音作りである。
  • 打ち込みを使ったエレクトロ・ミュージック寄りの音作りとなった。
  • これは、彼の行う音作りに通じた考えである。
  • ウータン・クランの特徴的な音作りは、彼の手でなされてきたと言ってよい存在である。
  • 低音を重視した音作りでダウンチューニングをすることも多い。
  • このアルバムの音作りは、ポルカが中心となっている。
  • エフェクターはほとんど使わず、基本的にギターとアンプのみで音作りをしている。
  • アレンジは全曲星勝が担当しており、全体的にアコースティックな音作りになっている。
  • 次へ »

音作り の使われ方