音が次第に高く

6 の用例 (0.00 秒)
  • と云いながら、窓の外へ眼を向けると、雨が降りはじめ、車の窓ガラスを叩く音が次第に高くなって来た。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 壁を叩く音が次第に高くなったが格別急ぐ様子もない。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • ナイフやフォオクの皿に当る音が次第に高くなる。 森鴎外訳『諸国物語(下)』より引用
  • ナイフやフオオクの皿に当る音が次第に高くなる。 森林太郎『板ばさみ』より引用
  • 波打ちぎわに近づくにつれてくり返しくだける波音が次第に高くなって、白い泡が見えてきた。 ナポレオン・ソロ・シリーズ『09 恐怖の巨人衛星』より引用
  • 城内へ引っ立てられて、森垣さんは厳重の吟味をうけましたが、月のよいのに浮かれて山へのぼり、低く吹いているつもりの貝の音が次第に高くなって、お城の内外をさわがしたる罪は重々おそれ入りましたと申立てたばかりで、落城の譜のことはなんにも云いませんでした。 岡本綺堂『三浦老人昔話』より引用