革ま

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 私の頭に浮かんだのは明治四十五年の夏、明治天皇病あらたまりし折の事であった。 ...
  • 「命が革まる」ということから、革命と言われるようになった。 ...
  • わずか四ヵ月ばかりしか経たないうちに、彼が役についてから、県中の政治は大いにあらたまった。 ...
  • で、天命の革まる時などに氣の談の無い事は殆ど無い位である。 ...
  • それから一日中付き添って、夜通し看病しましたが、こうしているうちに、病いはいよいよあらたまるのを見ました。 ...
  • 主権者のあらたまることを学問上、「革命」と呼ばれている。 ...
  • 辛酉革命は、中国の讖緯家しんいかが中国の古代に行われた陰陽五行の説に基づいて唱え出したことで、辛酉の年で、しかも二十一度目のその年ごとに天の命があらたまるという思想である。 ...
  • 鶴姫の病状はにわかにあらたまり、年二十九歳にして急逝し、綱教もまたその後を追った。 ...
  • 今日を限りに生活が革まる。 ...
  • 都會人の輕佻浮薄も嗤ふべきであるが、それには百姓自身の觀念がまだほんとに革まつてゐないことや、自分の天職に自覺を持たないことなどが、原因をなしてゐるのではあるまいか。 ...
  • 「ああ、蜀のあらたまる日は来た」 捕虜として檻送かんそうされてゆく途中、張任は天を仰いで長嘆していた。 ...
  • もとよりかくれもない人ではあるが、今日信長からこれほどな礼遇をうける人として、あらためてその人を想念にのぼすときは、世のなかもあらたまって来たが、人も進み時代の先駆もみな、ようやく大人おとなになって来たものだという感がなきを得ない。 ...
  • 司法主任の大島警部補が急に病があらたまったのである。 ...
  • この人にして見ると、時が移り世態があらたまるのは春夏秋冬のごとくであって、雲起こる時は日月もかくれ、その収まる時は輝くように、聖賢たりとも世の乱れる時には隠れ、世の治まる時には道を行なうというふうに考えた。 ...
  • 父、道三を討って、威をほしいままにした斎藤義龍の稲葉山の城も、すでに亡んで岐阜城と名もあらたまり、そこにはもう信長公が君臨していたのである。 ...
  • 王孫満は天命がまだ革まっていないとして、回答を拒否したので、荘王はあきらめて楚軍を撤兵させた。 ...
  • こうして、御所の造営と共に、朝廷の経済もあらたまった。 ...