面白そうに眺め

52 の用例 (0.00 秒)
  • 既に表の通りには二、三人の野次馬が立っていて面白そうに眺めている。 青島幸男『人間万事塞翁が丙午』より引用
  • 皆がしばらく口をぼんやりけてその車の方を面白そうに眺めていた。 横光利一『比叡』より引用
  • 一人うなずいたり首をったりしてる俺を、詩人は面白そうにながめていた。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常①』より引用
  • それに彼らも平気なもので、彼らの敵国の労働者を面白そうに眺めてゆく。 山田風太郎『戦中派虫けら日記』より引用
  • エラリーは彼女の厚化粧の顔と、カークの顔を面白そうに眺めていた。 クイーン/石川年訳『中国切手殺人事件』より引用
  • 安永と加賀のギクシャクした様子を、面白そうに眺めて、吉田は言った。 内田康夫『日光殺人事件』より引用
  • 和代は、ついさっきの文句は忘れてしまった様子で、面白そうに眺めている。 赤川次郎『怪談人恋坂』より引用
  • 由美は、その様子を面白そうに眺めながら、「バイバイ」と手を振った。 秋元康『着信アリ2』より引用
  • それでも時々は御簾を掲げて、庭の様子を面白そうに眺めた。 福永武彦『風のかたみ』より引用
  • ぼくがマリーアにほれこんでいるのを、彼はいくらか面白そうに眺めていた。 ヘッセ/永野藤夫訳『荒野の狼』より引用
  • ブラウン管を面白そうに眺めている美紀を抱き寄せて、葉山は唇を吸った。 南里征典『赤坂哀愁夫人』より引用
  • 彼が出ていくところを、シュラメックが面白そうに眺めている。 シムノン/矢野浩三郎訳『メグレとベンチの男』より引用
  • ざわざわと人々が顔を見合せ、ささやき合うのを、東吾は面白そうに眺めた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 17 雨月』より引用
  • 花世はそんな東吾の表情を面白そうに眺めている。 平岩弓枝『御宿かわせみ 19 かくれんぼ』より引用
  • おびえる女たちの様子を面白おもしろそうにながめている蛇男の連れどもも、屈強くっきょうそうな異形いぎょうしゅうばかり。 香月日輪『大江戸妖怪かわら版④ 天空の竜宮城』より引用
  • 双槐樹は口をもぐもぐさせている銀河を面白そうに眺めている。 酒見賢一『後宮小説』より引用
  • それは津田といっしょに藤井から帰る晩の出来事だと云って、驚ろいたお延の顔を面白そうに眺めた。 夏目漱石『明暗』より引用
  • 様々な思惑の錯綜する食事を面白そうに眺めていた女が床に転がっていた半透明の瓶を拾い上げた。 押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用
  • 父親の後ろ姿を、息子たちは面白そうに眺めていた。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • わたしが言葉を飲むのを、戸田は面白そうに眺めた。 若竹七海『依頼人は死んだ』より引用
  • 次へ »