面して建つ

41 の用例 (0.00 秒)
  • 現在は、1400年頃に建設された防衛教会が広場に面して建っている。
  • 駅の建物は北側を新しく建設した駅前広場に面して建っていた。
  • 少年は周囲を見まわし、広場に面して建つ高層ホテルに視線をとめた。 田中芳樹『走無常1』より引用
  • 勤めている或る週刊新聞社は、赤坂の電車通りに面して建っていた。 宮本百合子『街』より引用
  • 雄一の家は、狭い路地に面して建っている棟割り住宅の一番端だった。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • おそらくこの洋館も昔は直接湖水に面して建っていたのだろう。 横溝正史『金田一耕助ファイル05 犬神家の一族 v0.9』より引用
  • そしてイギリスと一番違うのは、家々が道路にじかに面して建っていることだ。 森瑤子『望郷』より引用
  • それがコミティウムに面して建っており、その後ろに柱で支持された演台がある。
  • 広場に面して建つ三軒の家の中で最も立派な建物は、村一番の財産家、ヅィビリーノ家のものだ。 坂東眞砂子『旅涯ての地(下)』より引用
  • 同ホテルは、JR仙台駅に隣接し、愛宕上杉通りに面して建っている。
  • 鴻芳本社ビルは、淀屋橋を越えてからいくつ目かの通りを左に入った細い道路に面して建っていた。 堺屋太一『油断!』より引用
  • 役所は街の奥にある広場に面して建っている。 小野不由美『十二国記 02 月の影 影の海(下)』より引用
  • 馬事公苑近くの、桜新道とよばれる通りに面して建っている大きなマンションであった。 南里征典『武蔵野薔薇夫人』より引用
  • 大規模な正殿が広場に面して建ち、何棟かの建物が建ち並び、築地塀で囲まれている。
  • 千葉県勝浦市中心街の旧市役所通りに面して建つ和風旅館である。
  • 狭い通りに面して建つビルの二階、「パープル」という店だった。 深谷忠記『寝台特急「出雲」+-の交叉』より引用
  • 通りを入ってさほど離れていないところに、がっしりした大きな建物が下り斜面に面して建っていた。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • 商店街に面して建つ七階建てのマンションの番地と、手帳にメモされた番地が一致していた。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 奥に細長い短冊形の敷地に主屋が道に面して建つ。
  • まず目を奪われるのは、海水の入り込む運河に囲まれ、海に面して建っている巨大な建築物だ。 ニコル『C・W・ニコルの旅行記』より引用
  • 次へ »

面して建つ の使われ方