非業の最期

126 の例文 (0.00 秒)
  • 前述したように本作のゲストは非業の最期を遂げた歴史上の有名人である。 ...
  • 非業の最期をとげられたのは、あとの三人の方も同様でございます。 ...
  • 彼は数年後にはアフリジオという名前にかえたが、非業ひごう最期さいごをとげた。 ...
  • 従って又僕は勿論、僕の家族もかれ等のように非業の最期を遂げていたかも知れない。 ...
  • それでもこの書類だけはみように気にしていたところをみると、どうやらこんどの非業ひごう最期さいごを虫が知らせたとでもいうのでしょうか? ...
  • 文帝から七十日ほどおくれて、皇太子にも非業ひごうの最期が近づいている。 ...
  • 実父により無実の罪によって廃嫡され、非業の最期を遂げたとされる。 ...
  • 非業の最期をおとげになってからもう一年にもなりますのに、どうして何もなさらないのですか。
  • 歴代7名の君主・皇帝が全て非業の最期を遂げたのを見てもわかるように、非常に皇帝権力の弱い国家であった。 ...
  • ところが、そのやさきに相手の婦人が非業の最期をとげたという。 ...
  • その翌日である、大杉の非業の最期が公表されたのは。 ...
  • しかもそれが非業ひごうの最期であったという事実は、彼と取引きのあった人々をいたくおどろかせた。 ...
  • 確かに、この写真が撮影される直前、二十七、八の男が一人、霧昇湖で非業の最期をとげたのである。 ...
  • 消えないのはお銀様の眼の前に、前の晩、穴切明神のあたりで泣いていた男の子、親は何者かのために斬られて非業ひごう最期さいご
  • わしの子と母親が、ああいう非業の最期をとげたのだから、わしも一歩城外に出れば、安全ではないような気がする。 ...
  • 父が非業ひごう最期さいごをとげたのは一八八五年の一月で、それから二年と八カ月が平穏へいおんにすぎました。 ...
  • むしろ、人を殺して喰う怪物となり果てて、非業の最期を遂げていた可能性の方が高かったのだ。 ...
  • 次へ