青筋を立てる

18 の例文 (0.00 秒)
  • 青筋を立てていた氷心斎も少し救われた気持ちで眞由子のそばに膝をつく。
  • と脇で驚いた背広男に、兵士は文字通り顔に青筋を立てながら再び叫ぶ。
  • こめかみに青筋を立てないから、代わりにコイツが立てているのではないか。 ...
  • そして青筋を立てた自分の性器を眺め、ある考えが頭に浮かんだ。 ...
  • 「そんなことは分かっております」アサーム評議長は青筋を立てていた。 ...
  • 麗奈は興奮でこめかみに青筋を立てながら、こんどは安達に向かって言った。 ...
  • 彼は歯のない口を異様に尖らし、額に青筋を立てて恐ろしい眼で私をじろりと睨んだ。 ...
  • 父親はそのたんびにいらいらするような顔に青筋を立てた。 ...
  • この前こめかみに青筋を立ててから、しばらく来なかった。 ...
  • 「うぬッ」 と横にのめッた伝吉は、青筋を立ててもう一度必死に斬り込んだ。 ...
  • 「見せてやるとも」 と照彦様はひたい青筋あおすじを立てていた。
  • 「なに、できない」 張飛は、酒へ火が落ちたように、かっと青筋を立てた。 ...
  • 父親のところへ会いに行くとでも言おうものなら、たちまち眉間みけんに青筋を立てただろう。 ...
  • 見ると額に青筋を立てている。
  • 額に青筋を立て、押黙つて、異常な速度で、碁を打ちはじめる。 ...
  • 隆々と青筋を立てているものが、自分でもひときわ逞しく見える。 ...
  • なにしろ、クリスの方は、ここの生活を知りもせず、環境に慣れてもいないので、後になれば何でもないと思うようなことに、すぐに青筋を立ててしまうのだから。 ...