電車に準じる

20 の用例 (0.00 秒)
  • 電車に挟まれる貨車なので、制動装置は電車に準じた構造となっている。
  • 車体は両運転台、車体長20メートルでスタイルや構造は153系電車に準じている。
  • このときは路面電車に準じた車体スタイルであった。
  • とくに車内設備については後に登場した10000系電車や11000系電車に準じるように改造されている。
  • 日本車両で開発された、名鉄5000系電車に準じた車体や設備を持つ地方私鉄向けの車両をこう呼ぶことがある。
  • 性能は、1958年に登場した準急列車用の153系電車に準じており、関連性が強いことから本項で一括記述する。
  • 前面形状は当時製造されていた183系電車に準じた高運転台・非貫通構造を採用したが、種車となった中間車の台枠をそのまま利用したため、183系のように丸みがなく平面的な前面となっている。
  • ブレーキシステムは電車用制御付随車を連結して運行することが当初より考慮されていたため、当時量産中の電車に準じてA動作弁による自動空気ブレーキが採用された。
  • 運転席まわりの機器配置も211系電車に準じているが、マスコンハンドルはT字形となっている。
  • 主幹制御器は221系電車に準じた前後操作式だが、ブレーキハンドルは着脱可能な構造である。
  • そのうえで国際観光列車としての色彩や競合する東武鉄道への対抗ならびに将来の急行形車両の設備向上の試作的意味から準急列車用に開発されたものではあるが、151系電車に準じたデラックスな特急形車両並みの車内設備を有して設計・製造され、後に特急列車にも投入されることになるのが本系列である。
  • これにより大型窓・3扉引き戸・パノラミックウインドウ・前面方向幕が採用され、車内も3500系電車に準じた仕様となった。
  • 各種の工事は後に登場した自社の10000系電車や、当時JRの最新の通勤型車両であったJR東日本E233系電車に準じるように改造されている。
  • 前面デザインについては、日車製は同社が前年に手がけた京阪60型電車に準じつつ改良を実施しており、左右窓を2段上昇式とし、中央の運転台部分を固定の1枚窓とした3枚窓構成で、ヘッドライトを屋根の高い位置に流線型のケーシングに納めて取り付けてあった。
  • しかし、軽快電車の導入コストが高いことなどの理由により、軽快電車に準じた車体を新造して台車等は廃車となった電車の発生品や予備部品・中古品を使用し、在来方式で導入した。
  • 車体は国鉄211系電車に準じた軽量ステンレス製とされ、これにより1両当り約2tの軽量化が達成された。
  • 新しい塗り分けは当時最新型であった10000系電車に準じるもので、前面窓周りが黒く塗られたブラックフェイスも8000系電車と近いものに変更され、本系列の特徴であった左右非対称のデザインは目立たないものになっている。
  • 冷房設備の追加、行先表示のLED化などの旅客案内装置の改良、座席の取替えなど423形電車に準じた設備改良が施されている。
  • 前面は非貫通式3枚窓配置で、32系電車に準じたフラットで雨樋も直線状のシンプルなデザインとされ、前照灯も当時の電車に準じて中央窓直上の幕板部に装着された。
  • 当時量産中の32系電車に準じた設計の、溝形鋼を台枠に使用する鋲接構造の半鋼製20m級車体を備える。