電話を切り

384 の用例 (0.00 秒)
  • 名前もいわずに電話を切って悪いことをしたが、いまの場合、仕方がない。 渡辺淳一『ひとひらの雪(下)』より引用
  • 男が出るとは思っていなくて驚いたのか、相手は即座に電話を切った。 東野圭吾『秘密』より引用
  • 江川は電話を切って考えたが、このところ小切手を使ったおぼえはない。 星新一『声の網』より引用
  • 電話を切って、以前勤めたことのある建設関係の業界新聞社に電話を入れた。 若竹七海『依頼人は死んだ』より引用
  • 彼はそそくさと電話を切りそうになったが、急に思いだしたように言った。 深谷忠記『タイム』より引用
  • どう考えても誰も思いそうにないが、彼女は自信たっぷりに電話を切った。 内館牧子『愛してると言わせて』より引用
  • 二人の女はどちらからともなく、曖昧な挨拶をし合って電話を切った。 小池真理子『雪ひらく』より引用
  • 結局それを言いたかったのか、と失望ともつかない気持ちで電話を切った。 篠田節子『ハルモニア』より引用
  • 行ってみようかと電話を切ろうとしたところで、ようやく相手が出た。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • そして、こちらの話をきこうともしないで電話を切ってしまうんです。 横溝正史『魔女の暦』より引用
  • 僕はそう決めて、いま一度長く休んだことを詫びてから、電話を切った。 渡辺淳一『シャトウ ルージュ』より引用
  • こう繰り返して、彼の答えを確めてから、漸く電話を切ったのであった。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • 電話を切ると、進介は紫の方に向かって指でオーケーのサインを出した。 今邑彩『鋏の記憶』より引用
  • HBSの電話を切ってしまったときと同じように怒っていたという。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 電話を切ってから、うちに客が来るなんて何年ぶりかなあと平介は考えていた。 東野圭吾『秘密』より引用
  • 電話では長くなるから、改めて一度会って話をすると言って彼は電話を切った。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • ふざけているのだったら電話を切るつもりだとの決意を口調にこめた。 星新一『声の網』より引用
  • 今度は山本が豊島に事実関係を確かめることを約束して電話を切った。 佐藤正明『トヨタ・GM 巨人たちの握手』より引用
  • 午後一時にホテルのティーラウンジで会うという約束をして電話を切った。 東野圭吾『秘密』より引用
  • 他愛もない話をした後、スケジュールの念を押して久子は電話を切った。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 次へ »