電線類地中

24 の用例 (0.00 秒)
  • 最近では電線類地中化により、市街地中心部分では撤去作業が進んでいる。
  • ソフト地中化は無電柱化よりもむしろ電線類地中化の概念に含まれる手法である。
  • 無電柱化・電線類地中化には以下のような手法がある。
  • 流町1丁目交差点から平野東4の区間は電線類地中化されている。
  • 歩道には歩車分離式信号機や電線類地中化、ロードヒーティングが施されている。
  • 無電柱化とはその名のとおり道路上から電柱を無くすことであり、電線類地中化はその手法の一つである。
  • 事故当日、サムスン総合建設が京釜線亀浦駅付近の下り線の線路下で電線類地中化工事をしていた。
  • 電線類地中化は実施されていない。
  • 細街路だがカラー舗装や電線類地中化なども行われている。
  • 今里筋の電線類地中化の区間は南部の湯里東交差点 - 湯里6丁目交差点である。
  • 町を貫く柳町通りには、もと約110本の柳が植えられていたが、2000年からの電線類地中化工事によってすべて伐採された。
  • 道路上にある電線類を地中化するという点では電線類地中化と同じであるが、電線類地中化に必要となる地上機器の設置場所が確保できない等の理由により電柱を撤去できない場合に用いられる手法で電線は地中化するが電柱は残るという中途半端なものである。
  • 景観保護および塩害防止のため、当初から電線類地中化が行われ、電柱のない街となっている。
  • 電線類地中化が行われており、地内は無電柱である。
  • 電線類地中化による電線類の除去および街路のデザインの推進事業は、日本の都市現状をよく表している。
  • 全線において、電線類地中化や歩道のタイル舗装化が施されている。
  • 関連して浮世小路と仲通りが電線類地中化されるなど整備され、また福徳神社の参道として石畳が敷かれる。
  • 地区の中央部を通る小串通りは、1995年の再整備事業によって電線類地中化および歩道のインターロッキングブロック化、植樹帯の再構成が行われた。
  • 全線4車線化後も引き続き、歩道整備と電線類地中化による電柱の廃止工事が続けられている。
  • 徳島市中心部は、一部4車線・電線類地中化・高機能舗装など道路整備も行き渡っており、また、朝夕は渋滞の酷い区間でもある。
  • 次へ »