電子入札

13 の用例 (0.00 秒)
  • 次の2つの要件が数学的に保証されるとき、電子入札方式は安全であるという。
  • この計画に強制力はないが、ほとんどの都道府県・政令指定都市がこの時期を目処として電子入札の本格導入を計画している。
  • いわゆる電子入札の方法がとられている場合は、入札者は一定の方法により封に代わる操作をして入札する。
  • 電子入札方式においても、入札者のプライバシーを保証するため、匿名性が要求される。
  • 電子入札とは、官公庁の入札担当部局と各入札参加業者とをネットワークで結び、一連の入札事務をそのネットワーク経由で行う方法である。
  • 入札参加申請から入札までの手続きは従来は書類を用いておこなわれていたが、電子入札では全てパソコンにより手続きする。
  • 様々なシステムの乱立による発注者側における開発費等の増大、受注者側における複数システムへの対応の必要等の問題を避けるため、国土交通省が開発した電子入札システムをベースにした基本システムの開発が、官民参画の「電子入札コアシステム開発コンソーシアム」により進められた。
  • 物品調達については具体的な電子入札導入に関する枠組みはないが、あえて挙げれば総務省のe-Japan戦略、各自治体の電子自治体化計画ということになる。
  • 入札参加を認められた者は、入札期限までに、入札書を郵送または持参するか、電子入札の手続きを行う。
  • 入札者はパソコン、インターネット接続環境、電子証明書、ICカードリーダ、各種ソフトウェアを用意し、発注者の電子入札システムとインターネットを介して接続する。
  • また同じJACICの「電子入札コアシステム開発コンソーシアム」事務局は、公共事業の電子入札システムとしては、デファクト・スタンダードになった「電子入札コアシステム」の改良・改訂等の作業を担当している。
  • これ以下の手続きは一般競争入札と同様であり、入札参加を認められた者は、入札期限までに、入札書を郵送または持参するか、電子入札の手続きを行い、契約担当官等は、開札日に複数の職員立ち会いのもと、入札書の開札を行う。
  • ICT化推進の位置付けとして、公共事業については、国土交通省の「CALS/EC」において、株式会社帝国データバンクが全国初となる電子入札向けの認証局業務を受託して展開した。