雷鳴と稲妻

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • それに呼応して天も叫び、雷鳴と稲妻を繰り返し地上へ送りつけるのだった。 ...
  • 雷鳴と稲妻をともなった記憶すべき暴風雨はその奔流のような豪雨で始まった。 ...
  • けれどもこれは恐ろしい雷鳴と稲妻をともなったので、火薬のことで恐ろしい恐怖に襲われた。 ...
  • 宇佐は雷鳴と稲妻を、この世の終わりのしるしのように聞いた。 ...
  • 市の名称は「トールの港」の意であり、トールは、北欧神話の雷鳴と稲妻の神。 ...
  • 雷鳴と稲妻との混合したものが、中空から襲ってきた。 ...
  • 衝突の前後に大町上空には、雷雲が発生し、雷鳴と稲妻が、暴れまわっていたために、衝突の轟音と閃光はその中に吸収されてしまった。 ...
  • これまでの生涯で最も爽快に興奮したのは、フロリダ半島先端に一直線に延々と張り出したキイを車で突っ走っていた時に遭遇した雷鳴と稲妻だった。 ...
  • 大太鼓で雷鳴を、シンバルで稲妻を思わせ、雷鳴と稲妻を巧みに模写している。 ...
  • 並以上の胆力の持ち主でも、考えあぐねて神経を病みかねぬ雷鳴と稲妻の世界を、世にも美しい若者と馬は黙然と進んでいく。 ...
  • 風神雷神図とは、風袋から風を吹き出し風雨をもたらす風神と、太鼓を叩いて雷鳴と稲妻をおこす雷神の活動の姿を描写する絵画である。 ...
  • 具体的に、第5幕第4場の、ジュピターが雷鳴と稲妻の中、鷲にまたがったまま天降ってきて、雷電を投げるくだりが挙げられる。
  • そして、すぐさま真っ黒い雲で大気をおおい、雷鳴と稲妻で全世界をふるえあがらせた。
  • また、【第40回夏休み親子コンサート 日本フィル管弦楽名曲集2014】には『美しく青きドナウ』が、【第45回夏休み親子コンサート 日本フィル管弦楽名曲集2019】には『雷鳴と稲妻』と『ラデツキー行進曲』収録されている。
  • すさまじい雷鳴と稲妻。 ...