雲泥ノ差

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 戦において、マイリー神の司祭がいるといないとでは、雲泥うんでいの差がある。 ...
  • 日本軍が戦時中大陸でおこなったことなどと比べてみれば雲泥の差がある。 ...
  • ザクとの性能は互角といえても、パイロットの練度に雲泥の差があった。 ...
  • それまでは十五分から二十分で終了していたことを考えると雲泥の差である。 ...
  • それを自覚するのとしないのとでは人生が雲泥の差だと頭に響く。 ...
  • 誰がみても他の一幅とは雲泥の差のあるものである。 ...
  • けれども実際にするのと考えるのとでは雲泥の差がある。 ...
  • もっとも質においては雲泥の差があったことは言うまでもないが。 ...
  • いかに姿形すがたかたちは同じだとしても、そのひとみからほとばし気迫きはくには雲泥うんでいがあったのだ。 ...
  • 「七剣八刀」には序列があり、1つ上がるだけで実力に雲泥の差が出る。 ...
  • 口調は同じだが、寺の中できいたものとは雲泥の差がある。 ...
  • 小さいほうのたき火のまわりのもう一つのグループは、これとは雲泥の差である。 ...
  • これらの選び方によって効果には雲泥うんでいの差が生じるのである。 ...
  • 宮田と彼の家庭と比べれば、その長男の存在が、実に雲泥の差である。 ...
  • 少なくとも君が生まれ育った環境とは雲泥の差がある。 ...
  • その点、同じ遠巻きにされつつ軽蔑されている私や小津とは雲泥の差がある。 ...
  • 日本軍がほとんどいつも準備不整のまま攻撃を開始するのとは、雲泥の差であった。 ...