雲散霧消する

28 の用例 (0.00 秒)
  • 十万円というその金子は、一週間ほどのうちに雲散霧消してしまった。 横溝正史『金田一耕助ファイル14 七つの仮面』より引用
  • それを聞いた赤玉先生の頭から、父の想い出はたちまち雲散霧消した。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • 笑ってしまうと不安はもう、ほとんど雲散霧消してしまうんでした。 南伸坊『ぼくのコドモ時間』より引用
  • 一瞬の離れ業の結果、いつの間にかすべての問題が雲散霧消していた。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(下)』より引用
  • もう二時間もすればそんなわだかまりは、あっさり雲散霧消してしまう。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 昨日までの強硬論は雲散霧消し、今日は放心の境地に遊ぶのみとなった。 半藤一利『日本のいちばん長い日』より引用
  • しかしそんな考えは、建物から外に出た瞬間、すぐに雲散霧消うんさんむしょうする。 西尾維新『傷物語』より引用
  • 何か考えていたとしても、その考えは具体的な形をなす前に雲散霧消してしまったようである。 法月綸太郎『生首に聞いてみろ』より引用
  • あらゆる人間が超能力者である世界では、雲散霧消してしまうものだとはいえないだろうか? 眉村卓『不定期エスパー7』より引用
  • 威風辺りを払った金日成の軍隊は、まさに雲散霧消したかのように見えた。 松本清張『日本の黒い霧(下)』より引用
  • 散歩を終って家へ帰りつく頃には、雲散霧消して跡形ないのである。 安岡章太郎『犬と歩けば』より引用
  • 振り返った乙女のひとみに映ったのは、雲散霧消うんさんむしょうして散りゆく巨大な影だけだった。 流星香『プラパ・ゼータ 2 天空の魔法陣』より引用
  • そして刑を終って出てみると、折角、彼の組織した車会党は雲散霧消していた。 松本清張『小説東京帝国大学(上)』より引用
  • そして、二十分も経たないうちに私の白亜の家は雲散霧消してしまったのである。 時実新子『言葉をください 新子の川柳エッセイ』より引用
  • それが雲散霧消したいま、残るのはサッシン個人だけなのである。 松本清張『空の城』より引用
  • 恐怖とは、なぜ自分がそれに恐怖しているかを悟れば雲散霧消してしまうものなのだろうか。 筒井康隆『恐怖』より引用
  • すると、その白紙の絵が霧のように雲散霧消フェードアウトしていって、実写へと変わった。 西風隆介『神の系譜Ⅶ 竜の源 高句麗』より引用
  • その瞬間、大ていの怒りは熱のある舌の上の雪の結晶のように、雲散霧消する。 森茉莉『贅沢貧乏』より引用
  • それならば、この殺人事件は雲散霧消してしまうのである。 松本清張『火と汐』より引用
  • 派手にぶっ飛ばされて雲散霧消するのは劉備軍団の方なのだが、それはいい。 酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部』より引用
  • 次へ »