雰囲気が漂う

68 の用例 (0.00 秒)
  • それらの店の殆どに、昔からずっと商売を続けている雰囲気が漂っていた。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • このサウナのせいで、銭湯内には微妙な階級分けの雰囲気が漂っていた。 原田宗典『東京困惑日記』より引用
  • だが、男の表情には病から来るとも思えない、異様な雰囲気が漂っていた。 乃南アサ『暗鬼』より引用
  • 午後に来た時と同様、人気ひとけはなく、死んだような雰囲気が漂っていた。 藤田宜永『標的の向こう側』より引用
  • ふだんは人が住んでいないような、ほったらかしの雰囲気が漂っている。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06a ハリー・ポッターと謎のプリンス(上)』より引用
  • 一人きりの電車は、そこから物語の一つでも始まりそうな独特の雰囲気ふんいきが漂う。 入間人間『電波女と青春男 SF(すこしふしぎ)版』より引用
  • 胡散臭うさんくささというか、そういう一種独特の雰囲気が漂っていないのよね。 佐竹一彦『挙動不審者』より引用
  • 怒りとか悲しみを超えた不思議な雰囲気が漂っていたのである。 藤田宜永『標的の向こう側』より引用
  • 押し出しを前提としたスタイルの中にも、常に粋な雰囲気が漂っている。 垣根涼介『ヒート アイランド』より引用
  • だまっていると、どこか強気でノーブルな雰囲気ふんいきただよっている少女だった。 賀東招二『フルメタル・パニック!02 疾るワン・ナイト・スタンド』より引用
  • 中央部には奇妙な形の塔が立ち、ボス特有の超現実的な雰囲気が漂う。
  • 作品たちは、ひっそりと息をひそめている、そんな雰囲気が漂っていた。 喜多嶋隆『砂にかいたラヴ・レター』より引用
  • いや、はっきり、変な雰囲気が漂っていると言った方が正しいかもしれない。 川島誠『ロッカーズ』より引用
  • そこには私が実家に住んでいた時と同じ、家族の団欒の雰囲気が漂っていた。 群ようこ『無印不倫物語』より引用
  • あの暗い壺のなかには、絶対に何かいそうな雰囲気が漂っていたのは事実である。 群ようこ『猫と海鞘(ほや)』より引用
  • 設備は近代的だというのに、どこか疲れた雰囲気が漂っていた。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • 建物は老朽化が著しいが、センター内は昔ながらの雰囲気が漂っている。
  • べつに匂いがしたわけではないが、やはり医院の雰囲気ふんいきが漂っている。 森博嗣『X 02 キラレ×キラレ』より引用
  • だがそれが不似合な記念品に思えるほど、本部の中は平和な雰囲気が漂っていた。 堺屋太一『油断!』より引用
  • ヨンだけではなく、周囲にもそういう雰囲気が漂っているのだった。 上遠野浩平『あなたは虚人と星に舞う』より引用
  • 次へ »