雪沢

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • これは、雪沢口から十二所口に兵を移動させない計略であったと考えられる。 ...
  • そうしているうちに、雪沢口の各要所は盛岡軍に奪われてしまった。 ...
  • さらに水沢村も退却して、雪沢口では藩境まで盛岡兵を追いやった。 ...
  • 弘前隊は雪沢口を担当することになった。 ...
  • その後、雪沢口での戦闘は夜戦の他は、小競り合い程度の大きな変化の無い対峙が続いた。 ...
  • その後、十二所地区や雪沢地区で、終戦まで一進一退の攻防が続いた。 ...
  • 弘前藩は最後に雪沢口で活躍するものの、この戦闘への参加態度は、新政府に日和見とも受け取られかねない状況であった。 ...
  • 久保田藩は北部の雪沢口への総攻撃を計画していたが、敗戦の報が入ると戦線を縮小、大館城を守備するため城の周辺に布陣した。 ...
  • 雪沢口では8日夜から、盛岡軍が大葉岱に陣地を構築し、9日日没までに完成した。 ...
  • 秋田県の北部、雪沢ゆきさわ村の枝郷えだむらの黒沢という部落では、鎮守ちんじゅ雷神様らいじんさまがお嫌いだからと謂って、一村の者すべて煙草をのまず、甚だしくこれをけたということだが、現在はどうなっているかを知らぬ。 ...
  • またDOWAホールディングスの企業内温泉施設で、一般には開放していない「雪沢山荘」がある。 ...
  • 雪沢口の足沢内記・三浦五郎左衛門は鬼ヶ城から追い出されて以来戦闘準備を行っており、大館城攻城戦に遅参していた。 ...
  • 大館城攻城戦に不参加・無傷だった部隊は、総大将である楢山佐渡の本隊、雪沢口から攻め込んだ部隊、大葛村から進入した部隊、後方警備の南部吉兵衛隊など多数あった。 ...
  • 奥羽山脈の北部、高森山地に属する羽保屋山は大館市から小坂町に至る樹海ライン沿いにある雪沢地区の北方に位置する。 ...
  • 雪沢口から攻め込んだ南部藩の足沢内記・三浦五郎右衛門の部隊は、村々へ火をかけ文字どおり無人の野を行く進撃ぶりで、二の渡から一の渡岱へ到着し喚声をあげていた。 ...