雪を赤く染め

7 の用例 (0.00 秒)
  • 兵士の何人かは足から血を流し、雪を赤く染めた。
  • すでに日は暮れかけていて、夕焼けが雪を赤く染めていた。 滝本竜彦『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』より引用
  • 距離十三メートル、磯部が発した弾は、片倉の左頭部に命中し、かなりの出血が庭の雪を赤く染めた。 豊田穣『革命家・北一輝』より引用
  • その窓はとなりの旅館の裏手に向いていて、屋根の上のネオンが、降り積った雪を赤く染めていた。 半村良『魔女伝説』より引用
  • そして口から滴った血が雪を赤く染め、ちょうど、上から見ると彼はやけに赤い帽子をあみだにかぶった縫いぐるみの人形のようであった。 イネス/池央耿訳『孤独なスキーヤー』より引用
  • メイジャはたちあがりはしたが、のどからふきだす血が雪を赤く染めて、だんだん広がっていった。 ロンドン/山本政喜訳『白い牙』より引用
  • 雪を赤く染めた。 カヴァン『氷』より引用