離合集散

164 の用例 (0.01 秒)
  • 学生運動は、その後も離合集散を繰り返し、韓国大学総学生会連合を結成したが、国家保安法を適用された。
  • 関東では多くの信者を獲得する一方、真言宗の離合集散の歴史的経緯から中国・九州地方では末寺が一ヶ寺ずつしか存在しない。
  • 一九七二年に四人のメンバーでスタートしたこのグループは、バンドにつきものの離合集散のために四年後には半数のメンバーを失い、残る二人だけの最小編成になっていた。 秋野平『ロック、70年代—復刻CDに時代を聴く』より引用
  • 利益を出せる会社はなく、開発部隊を解散したり、再結集したりの離合集散を繰り返した。 佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』より引用
  • フランスにおいて議会外に組織を有する政党が結成されたのは、20世紀に入ってからでそれまでは議会内で結成された議員グループに留まっており、離合集散が頻繁だった。
  • 薄い霊衣れいいの人は、身体からだ身体からだとが接触せねば、お互ひが霊衣れいいの中にることが出来ないから、かかる人の相互の関係は極めて冷ややかなもので、離合集散つねなきものである。 出口王仁三郎『三鏡 『水鏡』『月鏡』『玉鏡』 kgm 1 20060303』より引用
  • 古代から中世への過渡期には多数の蛮族がそれまで未開とされていた地域からローマへと侵入を開始した為、ローマ側の混乱や蛮族側の離合集散の中で一層に分類は乱れた。
  • こうして新派は離合集散を繰り返しながら人気を高めていった。
  • また、これら地球科学的な現象のみならず、陸上古生物の分布状況なども、「大陸が動いて離合集散した」状況証拠とされている。
  • この系における複雑性とは、系が多数の相互に関連した要素の離合集散によってなることを言い、この系における適応というのは変化や経験から学ぶ余地を持つことを示す。
  • これによれば1993年以降の日本は、分極的多党制へ変化したことになるが、その後の政党の離合集散によりこの議論は複雑なものとなっている。
  • 離合集散のあとに残るものは個人である。 福永武彦『第五随筆集 書物の心』より引用
  • 私はこうした自分の存在と、周囲のグループの人事や離合集散に、むなしさを感じることがよくある。 田久保英夫『深い河』より引用
  • 政治的立場の違い等から分裂、離合集散を経た後、現在はPOとPiSが二大政党の地位を確立している。
  • 大陸と海洋の関係については、プレートテクトニクス理論に基づいた研究によって大陸の離合集散が明らかになってきた。
  • しかし、民主系、共和系はいずれも合党後も単一系派を維持しており、民正党では離合集散が激しく続いている。 呉善花『新 スカートの風』より引用
  • こうした国家の形成によっていわば群雄割拠とでも言うべき状況がインド亜大陸の北部で生まれ、彼らは離合集散を繰り返し、やがてマハージャナパダと呼ばれるような大国も形成されたのである。
  • 民主化以前の権威主義体制においても離合集散はあったが、民主化以降は大統領選挙や国会議員選挙などを節目として頻繁に行われるようになった。
  • 太古の海のなかで、さまざまな物質が接触しあい、離合集散し、そこから原始生命が生れた。 星新一『きまぐれ博物誌』より引用
  • それはともかく、ミネルヴァの住民は離合集散をくり返した末、ついに二大勢力の対立を迎えました。 ホーガン『星を継ぐもの』より引用
  • 次へ »