離合集散を繰り返し

29 の用例 (0.00 秒)
  • その一方でザ・フォーク・クルセダーズのメンバーたちは離合集散を繰り返しながら音楽活動を継続していった。
  • メンバー編成は当初は3人だったが4人なりその後もメンバーの離合集散を繰り返し昭和40年代中ごろまで活動した。
  • 第一共和国の進歩党が弾圧され消滅して以来、韓国では派閥のような政党が人脈により離合集散を繰り返してきた。
  • そこに勢いのある若手バンドを加えたメロデス勢は離合集散を繰り返しながら、当初はヨーロッパや日本を主な市場としていた。
  • 学生運動は、その後も離合集散を繰り返し、韓国大学総学生会連合を結成したが、国家保安法を適用された。
  • こうして新派は離合集散を繰り返しながら人気を高めていった。
  • こうした国家の形成によっていわば群雄割拠とでも言うべき状況がインド亜大陸の北部で生まれ、彼らは離合集散を繰り返し、やがてマハージャナパダと呼ばれるような大国も形成されたのである。
  • これ以後、ネパールの共産主義政党は激しい離合集散を繰り返し、現在に至っている。
  • しかしながら当時の多党連立政権は明確な対策を打ち出すことができず、与党に対抗すべき社会主義政党も離合集散を繰り返しており広範の支持を得ることはできていない状況であった。
  • 与党に対抗すべき社会主義政党も離合集散を繰り返しており広範の支持を得ることはできていない状況が続き、労働運動は労働組合のゼネストによって社会革命を目指すサンディカリスムが現れた。
  • これらの仮面は、大陸の各国が離合集散を繰り返してきていても、しばしば国境線を超えて、以前からの部族社会が各地で生き残っていて、独特の仮面を維持している。
  • 当初から離合集散を繰り返してきた自民党各派閥に比べて、各会長の下一致結束して派閥を継続してきたとされ、自民党草創期の名称を今日まで維持している唯一の派閥でもある。
  • 戦前の無産政党は長く離合集散を繰り返していたが、1931年7月に労働者農民党・全国大衆党・社会民衆党合同賛成派が合同し、全国労農大衆党が結成された。
  • これらの組織は離合集散を繰り返し、対立抗争を繰り広げた。
  • ネパール共産党は離合集散を繰り返し、これまでに多数の党派が存在するので、混同しないよう注意が必要である。
  • メンバーは離合集散を繰り返したが1971年頃まで活動をし「バイオレッツ」とグループ名を改称した。
  • 戦国時代には大友氏、菊池氏など周辺諸国の干渉を受けながらも、その都度、時勢を見て離合集散を繰り返して独立を維持してきた。
  • 彼らは新傾向派と呼ばれ、機関誌「層雲」を創刊したが、その後あわただしく離合集散を繰り返した。
  • 政党法の改正で、軍政時代の形式的二大政党制が解体され、ARENAとMDBは政治家個人の思惑や政治的立場によって、分裂し、新たな政党が作られ、離合集散を繰り返した。
  • その主たる原因は派閥間の怨念と政権欲による離合集散を繰り返したことで党内抗争が絶えなかったことによる。
  • 次へ »