離れた木陰

9 の例文 (0.00 秒)
  • 離れた木陰で様子を見ると、彼女はクヌギの木のそばでぼんやり座っていました。 ...
  • 約10メートルほど離れた木陰から、ふたりの男が現れた。 ...
  • ポウの問いに彼女は、午後はずっと広場から離れた木陰で身を休めていた、と答えた。
  • かなめは石畳いしだたみの道からすこし離れた木陰こかげで、屋敷やしきからのあかりも届かないやみの中にいた。 ...
  • ケネディーもまだ帰っておらず、小屋から離れた木陰で太い倒木に寄りかかっていた。 ...
  • すこし離れた木陰に憩っていた数人がわめきたてる。
  • 五メートルほど離れた木陰に、中年の農夫らしい男が、右手首を押さえてへたりこんでいた。 ...
  • そこから少し離れた木陰にあった男の死体のそばで、モスは札束の詰まったブリーフケースを発見し、危険と思いながらもこれを自宅に持ち帰る。 ...