雑誌の切り抜き

40 の用例 (0.00 秒)
  • アメリカの古い雑誌の切り抜きスクラツプならば、簡単には同じものは手に入らない。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 雑誌の切り抜きやそのコピーが、赤い糸で互いに縫いつけられてあった。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 七〇六号室のテーブルのうえには、新聞や雑誌の切り抜きがたくさん散らばっていた。 宮部みゆき『レベル7』より引用
  • 店に入ってきた時は気づかなかったが、壁一面を新聞や雑誌の切り抜きが埋めつくしていた。 野沢尚『龍時(リュウジ)02―03』より引用
  • 手帳を見せ合ったり、雑誌の切り抜きのスクラップなんかも持って来ている。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • 雑誌の切り抜きなどを持ってきたようだ。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • 依子は、自分のポシェットから、雑誌の切り抜きらしいものを取り出した。 赤川次郎『幽霊園遊会』より引用
  • 然し初めの二三日は何の経験もないので、黙って卓子テーブルの前にあって、雑誌の切り抜き等をさせられていました。 若杉鳥子『職業の苦痛』より引用
  • 床一面に雑誌の切り抜きを散らかしてその中でうずくまっている姿はまるで幼稚園の教室のようだ。 横尾忠則『わが坐禅修行記』より引用
  • 雑誌の切り抜きに悪戯書いたずらがきをしたもののようですが、ひょっとして先生のしわざですか? 有栖川有栖『ダリの繭』より引用
  • この企画の中で父は実は浜田を気にかけており、浜田が出た雑誌の切り抜きを大事に保存していたことが明かされている。
  • 開くと、雑誌の切り抜きと、そこに手紙が添えられていた。 喜多嶋隆『天国からのメール』より引用
  • アントニアがオタク色の強いサブカル雑誌の切り抜きを見ながら口をへの字に曲げた。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第08巻』より引用
  • ファッション関係の仕事をしているのか、雑誌の切り抜きから飛び出して来たような奇抜だがバランスのとれた服装の人々。 柴田よしき『好きよ』より引用
  • 押し入れの壁には、同じ女優のチラシやら、雑誌の切り抜きやらが貼ってあった。 山口芳宏『雲上都市の大冒険』より引用
  • ジョージの書き机の上には、エイズに関する資料や新聞雑誌の切り抜きがうずたかく積まれていた。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • 恵理は突き落とされる前に雑誌の切り抜きのようなものを突きつけて、私のことが書いてあると言っていたのをおもいだした。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 通りがかりに門番の女が、雑誌の切り抜きを彼に渡した。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 王女を救ってくれた日本の青年が同じ雑誌の切り抜きを後生大事にしていることを山口さんが知るのはもっとずっとあとになるのだが、山口さんがこの写真を気に入っている理由は王女が愛らしく写っているからではない。 田中哲弥『さらば愛しき大久保町』より引用
  • グレーゴルが自分の意思を伝えようと、壁際にかかっていた雑誌の切り抜きにへばりつくと、その姿を見た母親は気を失ってしまう。
  • 次へ »