集大成的な作品

17 の例文 (0.00 秒)
  • シュレイダーは本作が自分の人生の集大成的な作品であると述べている。 ...
  • その為、製作者が海外に移行して以降の作品の集大成的な作品とも言える。 ...
  • クライマックスがそれまでに手がけたゲームのキャラクターが登場する同社の集大成的な作品となっている。 ...
  • 上原は脚本業が20周年を迎えたこともあり、自身の集大成的な作品であったことを述べている。 ...
  • 自身初となるアルバムで、これまでの作品を総括した集大成的な作品に仕上がっている。 ...
  • 主要登場人物は、作者の投稿作品や読切作品で主役を張ったキャラが多く、集大成的な作品といえる。 ...
  • 出演者は主演の椎名桔平を除くほとんどが監督の堤幸彦の作品へ出演経験があり、堤自身も「集大成的な作品」と称している。
  • バンドの楽曲もクオリティを増し、10年間で築き上げてきたデペッシュ・モードの集大成的な作品となった。 ...
  • 書籍『プロ野球三国志』シリーズは、大和の野球ライターとしての集大成的な作品となった。 ...
  • フジテレビで放送されたテレビドラマ「大奥」の集大成的な作品であるため、監督と脚本はそのままシリーズを担当した林徹と浅野妙子が担当し、テレビドラマ版に出演したキャストが多数出演した。 ...
  • アメリカ初の長編映画『國民の創生』や『イントレランス』などの監督作品は彼の技術の集大成的な作品であり、現在でもアメリカ映画の名作として数えられる。 ...
  • Vシリーズの集大成的な作品。 ...
  • ジェイムズ・ジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』に基づくラジオ劇『ロアラトリオ』は、ケージの集大成的な作品であり、『フィネガンズ・ウェイク』に登場する場所で偶然に録音された音や小説の中で言及されている音、アイルランドの伝統音楽、小説から構成されたメソティクスを朗読するケージの声が重ねられてゆく。
  • そして、中年となったエラリーが30年前に扱った事件の真相に気づく、集大成的な作品『最後の一撃』でこの時期は終わる。 ...
  • スローでグルーヴィな楽曲を中心に、サンプリングやSEを多用し、パターンの反復や曲の長尺化など、プログレッシブでアヴァンギャルドなその音楽性をさらに推し進めた、これまでの集大成的な作品となった。 ...
  • すでに『2つのクラリネットのためのソナタ』、『クラリネットとファゴットのためのソナタ』、『ピアノ、オーボエとファゴットのための三重奏曲』など、複数の管楽器とピアノのための作品を作曲していたが、この『六重奏曲』は編成、長さともに、このジャンルの集大成的な作品となった。 ...