集まる

全て 動詞
7,017 の用例 (0.01 秒)
  • それが仲間の者にも知れたので好奇ものずきな者が集まって来たところであった。 田中貢太郎『立山の亡者宿』より引用
  • 首を立てて集まっている武士たちを、深い眼つきで見つめておりました。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • いつのまにか僕たちのまわりには十三四歳の女の子たちが集まっていた。 田畑修一郎『石ころ路』より引用
  • 私の着いた時は、家族のものが、みんなひといえの内に集まっていました。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 私のほうに集まってくるそれらの男や女や子供も、幻影のように見えた。 ユゴー・ヴィクトル『死刑囚最後の日』より引用
  • 父がこう云った時、明るいへやの方に集まったものは一度にどっと笑った。 夏目漱石『行人』より引用
  • それを見たいものは何月何日を期してどこへ集まれというのだそうです。 夏目漱石『行人』より引用
  • 世の中は、似たような人間が似たような場所に集まるようにできている。 海月ルイ『十四番目の月』より引用
  • 家を出るとき、声をかけて来た手伝いの人たちもそれぞれ集まって来た。 徳田秋声『足迹』より引用
  • そういう不便な時代に数百人もの人が集まるということ自体が異常です。 大岡信『名句歌ごよみ[春]』より引用
  • 竜士が窓の側にいたのは、パトカーが集まる様子を見ていたからなのか。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • このジャンクションには一日のうちに、汽車が千いくつか集まってくる。 夏目漱石『永日小品』より引用
  • そこにはあちこちに喧嘩と知って集まって来ている人の顔があった。 田中貢太郎『春心』より引用
  • 毎月二十日に集まるんだが、一度ごとにあっと言わせるような事をやる。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編03 怪奇幻想』より引用
  • 或は幾つもの夢が集まって、右のような幻覚が出来上ったのであろうか。 豊島与志雄『幻覚記』より引用
  • それで都合五人が集まって恋愛論批判展開の色々の方針を立てて見た。 戸坂潤『『唯研ニュース』』より引用
  • 呼ばれた四人は近所の人たちで、暮れ六つごろにみな集まって来ました。 岡本綺堂『青蛙堂鬼談』より引用
  • 私は格子の前に集まっている人々をつきのけて中に入ろうと試みました。 浜尾四郎『悪魔の弟子』より引用
  • 参列者の多く集まって来ることは昔のそうした場合のとおりであった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • そんなわけですから、近頃は人の集まる処へは出ないことにしています。 小金井喜美子『鴎外の思い出』より引用
  • 次へ »