雄鶏社

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 雄鶏社時代は、別の映画雑誌の編集部に向田邦子がいた。
  • 雄鶏社を退社した後は脚本家、エッセイスト、小説家として活躍する。 ...
  • KAKの仕事として雄鶏社から「家庭の工作」を出版。 ...
  • 彼、大元気なり、雄鶏社の話もスラスラ行きけるよし。
  • その後雄鶏社に転職し、「映画ストーリー」編集部に配属され、映画雑誌編集者として過ごす。 ...
  • 「推理小説」という名称は、木々高太郎が雄鶏社にて科学小説を含む広義のミステリ叢書を監修した際、江戸川乱歩や水谷準に提案されて命名したものと伝えられる。 ...
  • 他、若山喜志子・大悟法利雄共編『若山牧水全集』雄鶏社が刊行されている。 ...
  • 筆1本で生計を立てる前の向田は、雄鶏社に勤務する傍らアルバイトで『ダイヤル110番』の脚本を数本担当し、森繁がパーソナリティを務める『奥さまお手はそのまま』等、ラジオ番組の脚本も分担していた。 ...
  • この井上訳は終戦後の1950年、雄鶏社の「雄鶏みすてりーず」で『赤毛のレドメイン』として再刊されており、縮訳版ながら歴史的なものである。 ...
  • 後者で森繁に気に入られた事で、座付作家として『重役読本』の企画が持ち上がり、本作に専念するため雄鶏社を退社。 ...
  • 雄鶏社の『雄鶏通信』で延原謙のもとで編集部員として勤めるかたわら、アルバイトで外国映画の名作を翻訳・出版。 ...
  • 底本:「若山牧水全集第八巻」雄鶏社 1958年9月30日初版1刷 ※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」を、大振りにつくっています。 ...
  • 底本:「日本の名随筆33 水」作品社 1985年7月25日第1刷発行 底本の親本:「若山牧水全集 第六巻」雄鶏社 1958年6月 ※「渓をおもふ」は1920年の発表で翌年刊行の「静かなる旅をゆきつつ」に収められた。 ...
  • 底本:「若山牧水全集 第九卷」雄鶏社 1958年12月30日発行 初出:「新潮」 1909年6月号 ※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」を、大振りにつくっています。
  • 底本:「日本の名随筆92 岬」作品社 1990年6月25日第1刷発行 底本の親本:「若山牧水全集 第五巻」雄鶏社 1958年5月発行 ※底本は、物を数える際や地名などに用いる「ヶ」を、大振りにつくっています。