随一

全て 名詞
2,824 の例文 (0.02 秒)
  • あまり負けたことがなかったので、クラス随一の男とケンカをしてみた。 ...
  • そしてこの者は、およそ地上随一の美わしい若者ではございませんか。 ...
  • 要領のよさではSOS団随一ずいいちと言ってもいいほど頭のキレる男だからな。 ...
  • これは伊達氏の実力を奥州随一として中央に認めさせることにもなった。 ...
  • 藩随一の遣い手が担ぎ出されるまでかくの如き事情が存在したのである。 ...
  • かつては関東随一を自称したこともある比較的著名な花火大会である。 ...
  • 今日では年間300万人が訪れる全米随一の温泉リゾートとなっている。 ...
  • 明治四三年以来続けられている伝統行事で、全国随一の規模といわれている。 ...
  • その後同工場は移転したもののキャリアカーの数は市内随一である。 ...
  • 日本ラリー界随一の経験と実績をもとに、後進の育成に取り組んでいる。
  • さすが、辺境随一にして、二、三とは月ほどの距離があるといわれる男よ。
  • 際立っていたのは扮装だけではなく、槍働きにおいても随一の活躍を示した。 ...
  • この意味でカザノヴァは世界随一のフェミニストだったといえるであろう。 ...
  • 徳の美という点から言えば、この娘は天の下随一の美人であった。 ...
  • この徳兵衛は、そのあたりで随一の長者で、村では村長むらおさをつとめていた。 ...
  • 一つには地元に荒巻というノンプロ随一の名投手がいたせいもある。 ...
  • 地元では蔡家と黄家のつながりの濃さは随一であると見られていた。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:随一