階段を一段一段

17 の例文 (0.00 秒)
  • 卵は長い階段を一段一段、バス・ドラムのような大音響を上げて落ちていった。 ...
  • ところが、ひとりの男が腹ばいになって階段を一段一段はいのぼってくるのが見えた。 ...
  • 階段を一段一段上るごとに、彼女の銀色の髪は空中で揺れて、闇の中でほのかに光った。 ...
  • 雅斗は教室へ向かうため、階段を一段一段上っていた。 ...
  • 細く急な鉄製の階段を一段一段のぼっていくと、二階の右端の部屋の窓が開いているのが見えた。 ...
  • ハリーが持っている包みを、けしからんと言わんばかりににらみつけ、階段を一段一段踏みしめて登ってくる。 ...
  • 新聞論調徐々ながら明白に、あたかも階段を一段一段下るがごとく日々に変ってゆく。 ...
  • 四人は落ちついて階段を一段一段おりていくと、かれらを迎え討とうとかけあがってくる黒装束の数人を斬ったり、たたきのめしたりした。 ...
  • 階段を一段一段、踏みしめるようにして下りて行くと、三階の踊り場で、 「補佐官がお呼びです」 下から駆け上がって来た制服警官に声をかけられた。 ...
  • 夜がふけてもうエレヴェータアのとまった病院の階段を一段一段遠のいてゆく靴音を追って耳を澄していた自分。 ...
  • 「ついて来い」ウルフはそう言って、擦り減った階段を一段一段のぼりはじめた。 ...
  • 彼はそうして白い煉瓦れんがの階段を一段一段あがりながら、うっかり女の誘惑に乗ると帰りの旅費まで無くする恐れがあるので、めんどうと見たなら茶代ちゃだいに相当する物を置いてさっさと逃げだそうと思った。 ...
  • 階段を一段一段みしめながら、ふと思う。 ...
  • 相手に「殺される」という恐怖を与えるサッカーに身を置きたくてスペインに旅立ち、乾いた赤土のグラウンドで何度も倒され、異邦人の孤独に涙をこぼし、階段を一段一段昇ってきた。 ...
  • 知らず知らず「北の国から眞魔国しんまこく編」口調になりつつも、フォンクライストきょうギュンターは屋上展望礼拝場への長くて暗い階段を一段一段みしめていた。
  • さいわい、いま加納から受けとったライターがあるので、それで足下を照らしながら危なっかしい階段を一段一段おりていく。 ...