階段をかけ降り

17 の例文 (0.00 秒)
  • 全く当然のことだが、彼女はこのことを料理女に告げに階段をかけ降りた。 ...
  • 次の瞬間視線を引剥がして、逃げるように階段をかけ降りて行ったのか。 ...
  • 踊るような足どりで階段をかけ降りてきた若者と踊り場ですれちがった。 ...
  • その中に一人が階段をかけ降りた。 ...
  • しかし彼はそうする代りに、階段をかけ降り、こぶしを壁に叩きつけた。 ...
  • 階段をかけ降り、通りへ出る。 ...
  • 「肩がドス黒くはれていますの」 啓造は階段をかけ降りてきた。
  • そして、何を思ったのか、突然階段をかけ降り、非常な急用でもできた様子で、そそくさと玄関を降りるのであった。 ...
  • 秋子は階段をかけ降りたが、男はもういなかった。 ...
  • 階段をかけ降り、タイムカードを押し、外へ出た。 ...
  • クヌルプは彼女の後ろ姿を見送り、それから急いで階段をかけ降りて、下へ消えてゆく彼女の足音に耳を澄ませていた。 ...
  • 「今、行きます」 ついて来るようにと、わたしに身ぶりでいってから、彼は、す早く階段をかけ降りて、ドアを開けた。 ...
  • アンはグリーン・ゲイブルズにひびきわたる声で歌いながら、階段をかけ降りた。 ...
  • 「じゃ、九時半に下宿に帰って、あとはどうするの」 どこかのサークルの学生たちが二、三人、階段をかけ降りてロビーに入って来た。
  • 躊うものを励まし、勇気をだして夏希は物陰から出て、階段の下まで歩きかけた時、さっきの女性が仲根の部屋から幾つかの荷物を紙バッグに入れて現われ、小走りに階段をかけ降りてくるところだった。 ...
  • 心の奥の恐怖を鎮めようとして、深い溜息をつくと、レサは、ベンデン大巌洞の床めがけて階段をかけ降りた。 ...