階層分化

34 の用例 (0.00 秒)
  • この時代にはすでに階層分化が始まっていたと考えられている。
  • 社会的階層分化は、平等主義者が多い北部沿海地方ではそれほど堅くない。
  • 共同体の階層分化が急速に進行し、共同体村落の環濠集落が解体の道をたどる。
  • このような空間的な分割は階層分化と結びついていた。
  • ただ、現実には百姓層の階層分化が著しく進んでおり律令制的な人別支配はもはや不可能な段階に至っていたため、延喜の治は必ずしも成功したとは言えなかった。
  • 社会の階層分化や権威の発達にともない、このような結合の重要性が比較的減退していき、姉妹型一夫多妻制が一般的にはあまり見られなくなってゆく。
  • 通説では株座が先に成立してそれが開放されて村座となったとされているが、反対に村座が階層分化によって閉鎖されて株座になったとする見方もある。
  • 当時は律令制の本格施行から1世紀が経過し、均等な階層として想定されていた百姓層の階層分化が進行しつつあった。
  • 姉妹型一夫多妻制は社会的階層分化の進展にともなって減少する場合が多く、原始社会で多い一方で古代から減少する。
  • 現地のルーシ系住民の中では大貴族とそのほかの貴族、平民の階層分化が進み、とりわけ支配者階層は言語・宗教・文化的にポーランド宮廷化していった。
  • チャタル・ヒュユクの人々は、社会的な階層分化がなされず、相対的に平等社会であったと思われる。
  • ローマ初期共和国時代には短いタイプのヒマティオン同様ごく小ぶりなトガが主流であったがローマが国力を増すのにしたがって徐々に大型化、共和政末期には服制が定められて正式な公服となりトガの階層分化が進んだ。
  • またその政権中期には陳永華による政権整備が進み、全島に統治権を行使した以外に階層分化も進み、台湾は歴然とした独立国家となり、独自の経済体として発展していった。
  • 主に生活苦によって農村から都市へと流入した農民たちは、後述する都市における階層分化によって没落した商工業者などとともに都市での貧民層を形成するようになった。
  • しかし、豊かな自然に囲まれながら、狩猟・漁撈ぎよろう・採取などを主体とした生活をおそくまで続けたことによって、農業生産から生じる階層分化がおくれると同時に、内部からの政治的社会の成立もおくれる結果となったと考えられる。 金達寿『日本の中の朝鮮文化 12 陸奥・出羽ほか』より引用
  • 党員の昇格には党中央の承認が不可欠となり、ノーメンクラトゥーラ制度による事実上の階層分化が始まった。
  • が、それがそのまま社会的な階層分化に連動しての、多元化、多極化への構造変化を物語るものとは言えない。 呉善花『新 スカートの風』より引用
  • たとえば、耕地面積の予想をしようとすれば、農村の階層分化という問題がからんでくる。 安部公房『第四間氷期』より引用
  • そもそも、この時期には有力農民の領主化や国人の階層分化、庶子・譜代家臣の自立の動きなど、既存の権力では十分に対応できない事態も生じるようになった。
  • 江戸に流れてきた7名について経歴を詳しく見てみると、明和から天明期にかけて江戸にやってきており、宝暦期以降、関東の農村で進行していた農村での階層分化によって農村生活が困難になり、江戸に流れてきたことが示唆される。
  • 次へ »