階伯

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 金官昌の死を契機に新羅軍は攻勢を強め、ついに百済軍は敗れて階伯は戦死した。 ...
  • 階伯は金官昌は幼いことを理由に送り返したが、再び攻め込んできたためにこれを討ち取った。 ...
  • また朝鮮の文人墨客は階伯の最期を讃え、追悼する詩文をあらわしている。 ...
  • 階伯は後顧の憂いを断つために自らの妻子を殺害して出陣しており、戦闘に4度までは勝利するものの、最後は戦死した。 ...
  • 百済の大本営は機能していなかったが、百済の将軍たちは奮闘し、階伯将軍の決死隊5000兵が3つの陣を構えて待ちぶせた。 ...
  • 新羅軍との戦闘を控えて自分の妻子を殺したという、『三国史記』列伝の記録については、道義に反する行き過ぎた仕打ちだったとの評価がある一方で、自分自身も結局戦場で戦死したので、時期が前後しただけでこれだけをもってただちに彼を責めることをできないという「階伯擁護論」がほとんどである。 ...
  • 名将階伯が滅びゆく祖国に殉じて壮烈な最期を遂げた悲劇的な戦いとして韓国ではたびたび描かれてきた黄山伐の戦いを題材としつつも、本作はブラックユーモアにあふれたコメディとして制作されている。 ...
  • 新羅・唐連合軍に滅ぼされた百済の実在の人物・階伯を主人公として創作され、「三国史記」や「日本書紀」の記述をベースにしている。 ...
  • 朝鮮の儒学者たちは、百済末の宰相だった成忠や興首とともに階伯を百済末期の三忠臣の一人に列挙し、百済の歴史を取り上げるとき、百済滅亡の部分では必ず階伯に言及するようになった。 ...
  • 通常「階伯」を名前だとする見方が一般的であるが、キム・ジョンホの『大東地誌』の記録等には階伯はもともと黒歯常之と同様に、百済の王族の子孫だったとの見方が最近提起された。 ...
  • 金庾信は百済軍に密偵を潜入させて階伯の戦術を知ろうとするが、百済軍ではコシギという語が濫用され、密偵は困惑する。 ...
  • 伝で階伯の全名であるかのように言及した「階伯」は、実は彼の祖先が百済王室からの分封を受けた区域として『三国史記』雑志に出てくる皆伯県に比定され、これが「階伯氏」の由来となったという主張である。 ...
  • 一方百済では新羅軍や唐軍の動きに緊張が高まるが、義慈王は重臣たちの支持を受けられず孤立しており、忠臣の階伯を頼ってファンサンボルの死守を命じる。 ...
  • ともかくも、ファンサンボルに階伯率いる百済軍5000と、金庾信率いる新羅軍5万が対峙する。 ...
  • その後もテレビドラマを中心に活動し、長編歴史劇『女人天下』で李氏朝鮮第11代国王中宗役を、『済衆院』では李氏朝鮮第26代国王高宗役を、さらに『淵蓋蘇文』で高句麗第27代王栄留太王役、『階伯』で百済第30代王武王役を演じるなど、歴史劇でたびたび国王役を演じている。 ...