陽の暮れる

8 の用例 (0.00 秒)
  • やがて陽の暮れる頃106km離れたプフォルツハイムの町に到着する。
  • それからたっぷり陽の暮れるまで、何試合でもやりました。 安部譲二『賞ナシ罰アリ猫もいる』より引用
  • 陽の暮れるのがずいぶん早くなった。 西村京太郎『みちのく殺意の旅』より引用
  • の暮れるのが早くなり、厚子が働き先から子供を預けてある助産婦の梅田春江の家につく頃には、街は夜に入っている。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • 朝家を出て、陽の暮れるまで山で働く。 南木佳士『阿弥陀堂だより』より引用
  • いずれわびしき草庵だろうが、陽の暮れるまで見当らなかった。 吉川英治『新書太閤記(三)』より引用
  • 大和の冷えは特に厳しい、が、その日も、とっぷり陽の暮れる頃まで、お嬢さんを助手に、未だ全快していない不自由な体を克しての精進の姿を見て、私はつくづく偉い人だ、と頭を下げずにはいられない気持になった。 小堺昭三『カメラマンたちの昭和史(2)』より引用
  • 陽の暮れる方が怖い。 高橋克彦『私の骨』より引用