陽が暮れる

24 の用例 (0.00 秒)
  • 陽が暮れるまでには、五堂の研究室へ帰ってくると、秀克は約束していた。 梶尾真治『百光年ハネムーン』より引用
  • マニアたちは陽が暮れるのも忘れて、またその品評審査に熱中しだした。 吉川英治『随筆 新平家』より引用
  • 陽が暮れると、ほとんどきまったように、兵隊クラブに出掛けていった。 レマルク/蕗沢忠枝訳『西部戦線異状なし』より引用
  • 陽が暮れるまでジョウは市内を適当に走りまわることにした。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ01 連帯惑星ピザンの危機』より引用
  • 完全に陽が暮れると、女たちは大谷組の事務所へ向かった。 花村萬月『イグナシオ』より引用
  • 陽が暮れるまでリュウジのサッカーに付き合ってくれる友人は、近所にいなかった。 野沢尚『龍時(リュウジ)03―04』より引用
  • 江戸時代には、町と町の境には木戸とよばれる門があって陽が暮れると同時に、その門をしめてしまう。 光瀬龍『復讐の道標』より引用
  • ここで陽が暮れるまで待とうと舞は提案したのだ。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode ONE』より引用
  • しかし陽が暮れるころになると、その楽観も焦りに変わった。 曽根圭介『鼻』より引用
  • 八坂丸は陽が暮れると、沿岸の魚網を避けるために、昼間より八十ヤードから百ヤードほど沖に出て走った。 安部譲二『時速十四ノット、東へ』より引用
  • やがて陽が暮れるころになって、少女は泣きやんだ。 秋田禎信『ひとつ火の粉の雪の中』より引用
  • しかも昼間の温気うんきは陽が暮れるとたちまち冷気と入れ替わった。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • 陽が暮れる前に、雷の交じった激しい雨が降った、という。 重松清『疾走(下)』より引用
  • これは陽が暮れると光り始めて、周囲の風の動きに反応して白い光の列が流れる照明システムであり、周囲の環境情報をリアルタイムに映し出すというコンセプトのもとに作られた。
  • そこは、晴れた日は、一日中、岩が太陽の光をすいこみ、れるまで暖かかった。 立原正秋『冬の旅』より引用
  • 長距離を走るには少し高めだったが、陽が暮れるにつれて下がっていくだろうし、天気予報によると明日も似たような陽気だというから、条件としては同じだ。 重松清『疾走(上)』より引用
  • が暮れると、裸電球の光を恋い慕って、大きなや小さな羽蟻はありが部屋の中にはいって来て、そこここを飛び廻った。 福永武彦『草の花』より引用
  • すっかりが暮れると、ワタルの部屋の小さな窓から、キラキラと輝きのこぼれるような星空が見えた。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用
  • 陽が暮れる頃、住吉を目がけて明智の大将溝尾庄兵衛が攻めてくるという噂が将兵の間に広まった。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • そのことを恋人に責められるが、それでもやっと結婚式にこぎつけた日、ヴァージニアンはトランパスから「陽が暮れるまでに町を出て行け」という挑戦状をつきつけられる。 小鷹信光『アメリカン・ヒーロー伝説』より引用
  • 次へ »