陽が傾きかけ

12 の用例 (0.00 秒)
  • 新之助が又左衛門の屋敷の外に出たときは陽が傾きかけて、塀が長い影をつくっていた。 松本清張『かげろう絵図(上)』より引用
  • 雲が厚くなったせいではなく、陽が傾きかけたのである。 松本清張『波の塔(上)』より引用
  • 陽が傾きかけてきたとき、美由紀はようやく地上に戻った。 松岡圭祐『千里眼 The Start』より引用
  • 外はそろそろ陽が傾きかけていた。 冴木忍『カイルロッドの苦難 3 愁いは花園の中に』より引用
  • 少し陽が傾きかけて、船は、戻ることになった。 赤川次郎『自殺行き往復切符』より引用
  • この頃には、もう陽が傾きかけている。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ三』より引用
  • そろそろ陽が傾きかけている。 赤川次郎『告別』より引用
  • すでに陽が傾きかけている。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 又左衛門と縫を乗せた駕籠が、築地の脇坂淡路守の下屋敷に着いたのは、陽が傾きかけたころであった。 松本清張『かげろう絵図(上)』より引用
  • オフィス街にが傾きかけている。 森瑤子『クレオパトラの夢 世にも短い物語』より引用
  • いわゆる西高東低の冬型の気圧配置になっているようだが、車の向かう西の空にある太陽がすでに陰りはじめているのを見て、僕は月子と再会した時、メリーゴーラウンドの方角に陽が傾きかけていたのを思い出す。 渡辺淳一『シャトウ ルージュ』より引用
  • まっ昼間ではなく、ようやく午後四時の陽が傾きかけた杉木立ちの、薄湿りの匂う畳の上で、綾香はもう、不倫のけものになってゆく。 南里征典『鎌倉誘惑夫人』より引用