険しい山の斜面

5 の用例 (0.00 秒)
  • シチリア島の山間の村もまた、険しい山の斜面に石を築いて家を建てている。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • 険しい山の斜面にいた一団の先頭をきったのは、老婆ばつこ馬だった。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • 遠くから差し込む青い光の輝きは、麓の村にも届き、それが村の若者たちを引き寄せるのであったが、その誰もが険しい山の斜面から転落してしまい、たどり着く事ができたものはいなかった。
  • だが、生きている間にすでに何度か、黄泉よみの国の乾き切った険しい山の斜面を歩いている大魔法使いの最期は、真っ暗闇の中を手さぐりでいくしかない我々の場合とはちがう。 グィン『ゲド戦記1 影との戦い』より引用
  • 険しい山の斜面に囲まれたその谷あいには、落葉樹の古木がうっそうと茂り、岩の多い川を流れる水晶のような水の上には、古い石の太鼓橋が架かっている。 ニコル『C・W・ニコルの自然記』より引用