険しい声

60 の用例 (0.00 秒)
  • そうして唇をみ、急に目に強い怒りをともし、けわしい声で言ったのだった。 野村美月『文学少女シリーズ04 “文学少女”と穢名の天使』より引用
  • 険しい声が後方から飛んだが、それ以上は誰も何も云わなかった。 山崎豊子『華麗なる一族 下』より引用
  • けわしい声でそう言い、お弁当箱を片付けて離れていってしまった。 野村美月『文学少女シリーズ14 “文学少女”見習いの、卒業。』より引用
  • まだ夜も明けやらぬ頃、かまどの火を起こしていた黄良こうりようの耳に、母の険しい声が届いた。 森福都『長安牡丹花異聞』より引用
  • 黙って亘の後ろに立っていたルウ伯父さんが、険しい声を出した。 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー 上巻』より引用
  • オーラーの険しい声がとどろいたせいで、猫はひょいと家の中に入ってしまった。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅠ Side ColorsⅡ』より引用
  • 彼は、サンフランシスコは自由な街だと言った、一人の日本人に、食事中にもかかわらず険しい声で答えた。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • これまで聞いたことがないようなけわしい声が、黒いへびのように喉に絡みつき、食いついてくる。 野村美月『文学少女シリーズ07 “文学少女”と神に臨む作家 上』より引用
  • 険しい声になった葉子が秋穂を守るように前に出る。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第16巻』より引用
  • いきなり頭の上から険しい声が降ってきた。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • 姉は険しい声で妹を呼んだ。 丸谷才一『年の残り 他』より引用
  • 息をのむわたしに、瞳ちゃんは険しい声で言った。 野村美月『文学少女シリーズ14 “文学少女”見習いの、卒業。』より引用
  • とアンは険しい声で訊いた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11b D-ダーク・ロード2』より引用
  • 心葉先輩が険しい声で言う。 野村美月『文学少女シリーズ10 “文学少女”見習いの、初戀。』より引用
  • その険しい声の後から右翼の新聞売子が、またそれを揉み消すような声を張り上げて迫ってゆく。 横光利一『旅愁』より引用
  • 霧の奥深くからけわしい声がかけられた。 桜庭一樹『GOSICK 第2巻』より引用
  • 彼は険しい声を出した。 宮部みゆき『かまいたち』より引用
  • 後ろでけわしい声がした。 野尻抱介『ロケットガール 03』より引用
  • 宗蔵は、思わず険しい声を出した。 藤沢周平『隠し剣孤影抄』より引用
  • だから、テーブルを睨みつけ、けわしい声でつぶやいたのだ。 野村美月『文学少女シリーズ04 “文学少女”と穢名の天使』より引用
  • 次へ »