陸軍大尉

209 の用例 (0.00 秒)
  • 仝人どうにんは元陸軍大尉にして、さきに日本陸軍士官学校に在学せしことあり。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 維新後は大阪青年学舎生徒を経て、明治4年5月陸軍大尉に任ぜられる。
  • 陸軍大尉で終戦を迎え、その後本格的に宗教家としての人生を歩んだ。
  • オクスフォード大学を卒業後、第一次世界大戦に陸軍大尉として従軍した。
  • しかも陸軍大尉の軍装をし、袖の先からはたしかに手が出ている。 渡辺淳一『光と影』より引用
  • それは公爵の弟に当たる陸軍大尉でステーフィン・サレーダインという人だと云った。 直木三十五『サレーダイン公爵の罪業』より引用
  • 陸軍大尉で、ベンスンが殺されたと同じようなピストルを持っているらしい。 ダイン/井内雄四郎訳『ベンスン殺人事件』より引用
  • あの凶相の陸軍大尉は部下や猫と共に最後まで戦うだろう。 佐藤大輔『皇国の守護者2 名誉なき勝利』より引用
  • 合衆国陸軍大尉の制服を着たきりっとした男が、軽い足取りで入ってきた。 ハインライン『動乱2100』より引用
  • 第一次世界大戦中には、参謀将校・陸軍大尉としてヴェルダンの戦いに従軍した。
  • 周太の長男で陸軍大尉と成った橘一郎左衛門が橘神社の宮司に就任する。
  • 陸軍大尉として第一次世界大戦に従軍し、1919年までドイツ軍の捕虜とされた。
  • 同年12月、陸軍大尉に進み1873年12月、陸軍少佐に任ぜられる。
  • ハンガリー王国の首都ブダペストに陸軍大尉の息子として生まれる。
  • それやこれやでもって、その人が私の面倒を見てくれたはいいんですが、何と言っても相手は陸軍大尉です。 尾上松緑『松緑芸話』より引用
  • 維新後陸軍軍人となり、明治5年陸軍大尉・西海鎮台付に任命される。
  • 陸軍大尉として、藩の軍事・警察部門の責任者に転任した。
  • 陸軍大尉川喜多大治郎と妻こうの次男として東京で生まれる。
  • 元陸軍大尉の飯島勇によって設立され、労働運動・市民運動潰しを専門としていた。
  • 午前5時頃に陸軍大尉安藤輝三の指揮する一隊が官邸を襲撃した。
  • 次へ »

陸軍大尉 の使われ方