降灰

全て 名詞
171 の例文 (0.00 秒)
  • これによって、周辺の地域からの降灰の更なる報告はまったくなかった。 ...
  • 降灰の被害はその日の風の向きによって、意外なほど遠くまで飛んだ。 ...
  • 降灰による農作物への被害は相当長い期間続くおそれがあるとして対策を指導した。 ...
  • 風がなかったから、降灰は爆発口を中心にして周囲に満遍なく降った。 ...
  • ひと口に降灰とは言っても降る時と場所とでこんなにいろいろの形態の変化を示すのである。 ...
  • あるいは時によって降灰の構造がちがうのかもしれないと思われた。 ...
  • 過去に幾度もなく噴火に伴う降灰、爆発鳴動や地震を引き起こしてきた。 ...
  • 付近の火山噴火による降灰の影響を受け、何度も閉鎖されている。 ...
  • 噴煙と降灰のためにあたりはいよいよ暗くなって、うっかり眼もあけられない。 ...
  • すでに相当な降灰量を見ているモナコには、火山弾の危険もある程度予想される。 ...
  • また、北東方向に約80km離れた地点においても約5cmの降灰が確認されているまた。 ...
  • 天明三年の大爆発には、村でも降灰一尺を超えたそうである。 ...
  • こうした地域差が、AT降灰以前に形成されていた証拠が各地で知られるようになってきた。 ...
  • 牽引車単体では、桜島の降灰時における日中の散水作業も実施される。 ...
  • 比較的厚く降灰した箇所には自然釉に貫入が入り、作品の表情を多様に変化させる。 ...
  • 降灰時は霧の中のようになり、視界が数十メートルになる場合があり、自動車の場合ライトが必須になる。 ...
  • あいにく山が雲で隠れていて星野のほうからは噴煙は見えなかったし、降灰も認められなかった。 ...
  • 次へ