降水量が多い地域

17 の例文 (0.00 秒)
  • 降水量が多い地域は温帯、降水量が少ない地域は乾燥帯に隣接している。 ...
  • 西日本では珍しい、梅雨よりも秋雨や台風での降水量が多い地域である。 ...
  • なお重要なのが本拠地の降水量で、室内練習場を作っていない場合雨天時の練習は休みになるため降水量が多い地域だと育成面で多少不利になる。 ...
  • イベリア半島内でもっとも降水量が多い地域だが、南部は石灰質土壌のために保水力が弱い。 ...
  • 降水量が多い地域では針葉樹林と広葉樹林の混合林が広がる。 ...
  • 従って、年間の降水量が多い地域や、地すべりの発生しやすい地質条件の地域では、地すべりの多発地帯として知られる場所が多い。 ...
  • オリンピック半島の西側は年間降水量が160インチに達し、大陸アメリカ合衆国では最も降水量が多い地域になっている。 ...
  • メロン山はイスラエルで最も降水量が多い地域に属する。 ...
  • 周辺は岐阜県下では降水量が多い地域で冬には冠雪し、山麓ではシイタケやゼンマイが特産品である。 ...
  • 日本国内でも特に年間降水量が多い地域の大台ケ原を源流として、三重県南部の紀北町を流れ熊野灘へと注ぐ。 ...
  • また、四国山地に当たる山間部は台風や梅雨、秋雨の季節には記録的な降水量になることが多いなど、日本で最も降水量が多い地域の一つである。 ...
  • 高知県東部の魚梁瀬地方も、年間4000 mmという、やはり日本でも有数の降水量が多い地域である。 ...
  • 降水量が多い地域は湿度が高く、気温の低下は飽和水蒸気量の低下につながるので絶対湿度は下がる。 ...
  • この土壌は西ガーツ山脈地域、東ガーツ山脈地域、北東州の高地など降水量が多い地域に見られる。 ...
  • 大麦は、本来は、後述のように冬季に比較的降水量が多い地域を原産とする作物であり、秋に発芽して冬を越し、春に大きく生長し、初夏に結実して枯れる、いわゆる冬草の一種にあたる。 ...
  • 大台ヶ原は紀伊半島の奈良県と三重県の県境にあり、本州の中でも特に降水量が多い地域で、三津河落山や経ヶ峰などの標高1400 - 1600メートル級の山々と、それらに囲まれた東西約5キロメートルの台地で形成されている。 ...