陋習

全て 名詞
80 の例文 (0.01 秒)
  • 老博士はこのようなすべての陋習ろうしゅうを打破しようと、努めているのであります。 ...
  • 一・従来演劇の陋習を改良し、好演劇を実際にださしむること。 ...
  • わたしはこれを陋習ろうしゅうとなしてあざけった事もあったが、今にして思えばこれ当然の順序というべきである。 ...
  • 陋習を廃止し、優秀な人材は身分を問わず抜擢するなど、優れた治績を挙げた。 ...
  • 大体十二支なんてものは旧来の陋習ろうしゆうだと信じている位である。 ...
  • われわれはいまや、はるかに文明の進んだ時代、旧来の陋習ろうしゅうには束縛されぬ時代に生きている。 ...
  • 旧来の陋習ろうしゅうを破ったらどうだというんだ。 ...
  • まだ人間が人間の肉を食っているんだが、それがなくなるためには、あらゆる旧来の陋習が破らるべきなんだ。 ...
  • こんなことは私が指摘するまでもなく、明治以来の新興国民道徳の精神がこれを教へてゐるにも拘はらず、それだけではどうにもならなかつたといふのは、かゝる陋習さへも必要とされる生活自体の形成の欠陥を誰も補足しようとしないからである。 ...
  • 古い仕来りに従ってですが、こうした陋習を当時の貴族たちが墨守めされていたのは、決して褒めた話ではありません。 ...
  • とにかく旧来きうらい陋習ろうしふ打破だはせなくては、家庭かてい国家こくかをさまりませぬ。
  • それで魚肉を薄く切る陋習ろうしゅうが今に残っているものと思う。 ...
  • 当時の日本には「官尊民卑の陋習」と呼ばれる悪習があった。 ...
  • 従来の陋習ろうしゅうを破って天地の公道に基づくべしと仰せ出された御誓文の深さは、どれほどの希望を多くの民にいだかせたことか。 ...
  • 聞いてその陋習ろうしゆうの甚だしいのに主水正は唖然あぜんとしたが、そう明かにされれば行かざるを得ない。 ...
  • さすがに知識を世界に求むるという御旨意ごしいの発表された際であっただけに、外国の思想を危険なりなどという者なく、上下共にこれを歓迎し、旧来の陋習ろうしゅうを打破するに更に躊躇しなかった、その頃盛に行われた標語は自由民権であった。 ...
  • よしんば、萌子に、陋習ろうしゆうをわずらわしいものと思う主義があったとしても、彼女の両親や兄弟はまったく干渉しなかったのだろうか。 ...
  • 次へ