関心が薄れる

20 の用例 (0.00 秒)
  • そうなると、わたしまで坊っちゃんへの関心が薄れるようになりました。 エミリー・ブロンテ/岡田忠軒訳『嵐が丘』より引用
  • リーグの創設は野球への関心が薄れないようにするためのリグレーの発案でもあった。
  • しかし、冤罪事件への世間の関心が薄れるとともに、導入論も下火となった。
  • また、食教育がなければ、消費者の食の安全に対する関心が薄れ、適切な情報も耳に入らない。
  • 北朝鮮への関心が薄れてきたために、今ではその週に取り上げられた話題を独自の切り口で紹介する形式へとシフトされている。
  • しかし、明治に入った頃より浄瑠璃に対する関心が薄れ、暫く演じられていなかった。
  • これは、辞職要求事件に関するマスコミの関心が薄れ取材・報道がなかったことを巧みについたものであった。
  • 労働問題への関心が薄れるなかで精力的な研究調査を行ない、この研究分野でのリーダーシップを発揮している。
  • 月日が経つに連れて人々の記憶と関心が薄れることで徐々に風化してゆく未解決事件が最終的に迷宮入りしてしまうことも、日本のように時効制度がある国では珍しい出来事とまでは言えない。
  • アメリカ人の余暇の過ごし方も多様化し、温泉は高齢者のものと見なされ、若年者の間では関心が薄れていった。
  • この時期は、キューバ危機が起きており、世界の関心が薄れた中での中国共産党による計算し尽くされた行動であったとの見方もある。
  • 考古学的関心が薄れ、帝国の威信表現が横行するようになると特定の建築様式が重視されることが無くなり、過去の様々な様式の応用によって建築がなされた。
  • 奈良時代に天皇の寵愛をうけた采女が、天皇の関心が薄れたことを悲観し猿沢池に入水した霊を慰めるために始まったという。
  • 原因は、年々生産性が減少したため農民たちの関心が薄れていったこと、労働力が思ったよりも必要になり、かつ協同労働でなければスカ・コリュの運営ができないこと、いくつかの地域では水が圧倒的に足りないこと、そして発展途上国の多くの地域で見られる労働力の過少利用つまり過少生産性の問題などがあげられる。
  • 近年プードル・ハイブリッドブームが去ったことにより関心が薄れつつあり、あまり多くは飼育されていない。
  • 彼女はロウボタンの実験を繰り返し、いくつかの興味深い反証実験を生み出したが、第一次世界大戦後には関心が薄れていった。
  • 世間の関心が薄れた頃に犯行声明を出すことにより「テロリスト」のイメージを薄めようとしているものと考えられる。
  • また、前作後半から強くなったスパイアクション要素が非常に強くなり、半面ゲストメカや未来描写への関心が薄れた。
  • 市場経済の成長期に登場したこれら大衆車は、最初の内こそ人々の生活向上心を煽り、盛んに販売・消費されるが、次第に経済的成長傾向が鈍化すると、飽和状態に陥って、消費者の関心が細分化する傾向があることから、これら画一的な大衆車への関心が薄れる傾向が見られる。
  • 理由として、中国が経済的に台頭し、日本に対する関心が薄れ、学生の意欲と学力が低下したという見方もある。