閘門扉

53 の例文 (0.00 秒)
  • 閘門扉の写真には、底の両側に沿って閘渠の口が一列に並んでいるのが見える。 ...
  • 下流側の閘門扉は上流側の閘門扉より全体の高さが大きくなっている。 ...
  • 閘室の有効長はこの部分から、後扉室の閘門扉の可動範囲までとなる。 ...
  • これにより、閘門扉の正面に船を正確に誘導する苦労をしなくて済むようになる。 ...
  • これは閘門扉の形状や給排水装置の能力、周辺の水路の設計などにも依存する。 ...
  • この写真の左下には、閘門扉が開いた時に扉の収まる窪みが側壁に見られる。 ...
  • 閘門扉に穴が開けられていて、この部分に別の扉をつけて開閉できるようにすることで水を給排水する構造のものは、構造が単純であり古くから利用されてきた。 ...
  • 上流・下流の閘門扉の種類が違っていることもある。 ...
  • 扉室は、閘門扉を設置して開閉させる土台になる部分である。 ...
  • ほとんどのイングランドの狭小運河では、上流側の閘門扉は1枚扉になっている。 ...
  • マイターゲートの閘門扉のうち一方だけが引揚扉に置き換えられることもある。 ...
  • 簡単のため、この節では閘室の両端に閘門扉を備えた、基本的な方式の閘門について説明する。 ...
  • 閘門扉として引揚扉を使用する場合は扉を増やす必要はないが、双方向から水圧がかかることに備えた設計をする必要がある。 ...
  • 閘門扉は上流区と下流区から閘室を仕切る防水構造の扉である。 ...
  • 閘門扉の給排水口あるいは閘渠には、給排水を制御するための扉が付けられている。 ...
  • 運河の安全上の限界を超えて川の水位が上昇すると、川の水位が下がるまで閘門扉が閉鎖されて閘門となる。 ...
  • 通常の川の水位では、閘門扉は常に開けた状態になっており、運河の水位は川の水位と共に上下する。 ...
  • 次へ