間近い

全て 形容詞
251 の用例 (0.00 秒)
  • そうすればその目的の人物を間近くで見ることが出来たわけじゃないかね。 三上於菟吉『自転車嬢の危難』より引用
  • あれの帰ってくる日も間近いだろう、一日も早く帰ってきてほしいものだ。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用
  • 犯人の逮捕は相変らず間近いというのだが、まだあげられてはいなかった。 ルブラン/水谷準訳『奇巌城(ルパン・シリーズ)』より引用
  • 間違いに気がついたのは、ポンペイ駅を出て半時間近く過ぎた時だった。 坂東眞砂子『身辺怪記』より引用
  • 潜水艦をこんなに間近いところで見たのは生まれて初めてだった。 新田次郎『新田義貞(下)』より引用
  • やがて船は次第に間近くなって、二人は無事に月界の上に下り立った。 押川春浪『月世界競争探検』より引用
  • 今考えると、なぜ冬が間近い季節に友美さんが窓を開けていたのか分らない。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • 現在の人口はわずか3人で、完全な無人島になるのも間近いとされている。
  • フミネを出発する時には、チンドウィン河は間近いという希望があった。 高木俊朗『抗 命 インパールII』より引用
  • 誰よりもディーノこそが、あのとき翼ある乙女に間近く位置していたのだ。 流星香『プラパ・ゼータ 2 天空の魔法陣』より引用
  • ここでは、僕の出発がそんなに間近く迫っていることを知っている者は一人もない。 ジッド/石川淳訳『背徳者』より引用
  • 炎の直撃を受けた者ののがれようもない末路を、間近く見て知っている。 流星香『プラパ・ゼータ 1 聖女の招喚』より引用
  • いよいよ沖縄決戦も間近いぞ、と大いに気をよくしたことはいうまでもない。 吉田満・原勝洋『ドキュメント戦艦大和』より引用
  • その苦労をしてもしなくても、死は間近いところまで来ている。 大佛次郎『赤穂浪士(下) 〓あり』より引用
  • 煙る光を帯びた青いひとみが、ごく間近い位置でファラ・ハンを見つめていた。 流星香『プラパ・ゼータ 3 平行神話』より引用
  • 二人は手術を待っている男たちであり、一人はもう退院が間近い。 遠藤周作『口笛をふく時』より引用
  • そしてわたしが間近く氏を見たのは、あとにも先にも、この一度限りのことであった。 池田弥三郎『手紙のたのしみ』より引用
  • 夜ふけた空には、間近い秋の色が流れていて、星の色はつめたかった。 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用
  • そのとき、ごく間近いところで咳払いの音がして、私の夢見心地を破った。 江戸川乱歩『孤島の鬼』より引用
  • しかし、それが間近まぢかすすむとき、甲板かんぱんの上をうごきまわっている人間にんげん姿すがたが見えました。 ロフティング『ドリトル先生物語11巻 ドリトル先生と緑のカナリア』より引用
  • 次へ »

間近い の使われ方