間近

全て 名詞
5,052 の用例 (0.02 秒)
  • 夏も間近というのに冬を思わせた小屋の中の空気が一気に明るくなった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター07a D-北海魔行 上』より引用
  • 東京市内から郊外へ来る電車が時々二人の歩く間近に音を立てて走った。 岡本かの子『兄妹』より引用
  • 私は大地主さんをそんなに間近に見たことがそれまでに一度もなかった。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • しかしここで間近に見ると言っても、そんな機会きかいは最初の挨拶あいさつだけだぞ? 伊都工平『天槍の下のバシレイス1 まれびとの棺 〈上〉』より引用
  • 特に貧乏神が間近にいるのは山田家の場合ほぼ間違いのないところだが。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たたかう青少年』より引用
  • しかし、この間近に接してみると何か違う別の気の流れが発散していた。 富野由悠季『機動戦士ガンダムⅡ』より引用
  • さっきまでつかずはなれず流れていた川が、急に間近かにせまって来た。 横溝正史『金田一耕助ファイル09 女王蜂』より引用
  • 成長期になって、桜がどんどんキレイになっていくのを間近で見ていた。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 慎介はすでに死刑の判決をうけ、その執行の日も間近に迫っているのだ。 横溝正史『花髑髏』より引用
  • ビルの最上階に出て初めて、東京湾がすぐ間近に迫っているのを知った。 鈴木光司『らせん』より引用
  • いやもしかすると、言葉を話す人間のすぐと間近に来てるのかも知れぬ。 ホメロス/呉茂一訳『オデュッセイア(上)』より引用
  • 長い長い計画の成就じようじゆが間近に迫っているせいか、表情は笑顔でしかない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第11巻』より引用
  • 秀吉は馬も降りず、間近まぢかの山上に見える味方の旗じるしを凝視していた。 吉川英治『新書太閤記(八)』より引用
  • 一九世紀末のヨーロッパ人は大革命を体験したり間近に観察した経験がない。 レーニン/角田安正訳『国家と革命』より引用
  • これだけ間近に聞こえるのは、二人が家のすぐ脇を通っているに違いない。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 06a ハリー・ポッターと謎のプリンス(上)』より引用
  • 間近で見ると、年齢にしては肌が綺麗だ、と自分の母親と比べてしまう。 入間人間『電波女と青春男 第01巻』より引用
  • それに彼は、この機会が間近に迫っていることを知っていたのである。 マン/佐藤晃一訳『トーマス・マン短編集2』より引用
  • それをこんな間近で見ているだけで、もう他の事なんてどうでもよかった。 奈須きのこ『月姫 翡翠 true.txt』より引用
  • 少くとも死が間近かに彼に近づく時には必ずその力が来るに相違ない。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • 送還の日は、まだ決定していないが、もう間近であることは確かだった。 笹倉明『遠い国からの殺人者』より引用
  • 次へ »