間もなく

全て 副詞
22,707 の用例 (0.01 秒)
  • 小林貞が病院へ行く途中から姿を消したのはそれから間もなくであった。 甲賀三郎『支倉事件』より引用
  • 私と長い旅を共にした風景画は間もなく私の手を離れるまでになつた。 神西清『恢復期』より引用
  • 出て来た人たちは女の子の家の者で、間もなく医者もやって来ました。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • が、間もなく大きな石を二つ程重そうに抱えて来て、船に積み込ませた。 大阪圭吉『死の快走船』より引用
  • 間もなく樹の陰から馬の首が出て、胴が見当の上を右から左へと移動した。 佐左木俊郎『熊の出る開墾地』より引用
  • 暗くなってから間もなく彼らは帰ってきて、心から私を歓迎してくれた。 ポー・エドガー・アラン『黄金虫』より引用
  • そして医師が向うへ行ってしまうと間もなく看護婦は私に云った。 海野十三『柿色の紙風船』より引用
  • と、その時人声がし、間もなく十数人の男女の者が、森の中へ現われた。 国枝史郎『剣侠』より引用
  • 間もなく通信の内容は、全部私の思想と正反対の性質を帯びるに至った。 モーゼス・ウィリアム・ステイントン『霊訓』より引用
  • 女の行った先が、素晴らしい権臣であることだけは間もなく証明された。 国枝史郎『十二神貝十郎手柄話』より引用
  • その後間もなく私のところへみゑ子を京都へ返してやれ、と言ってきた。 佐藤垢石『盗難』より引用
  • そして間もなく何度も通ったことのある道を東へ下って行った。 加藤文太郎『単独行』より引用
  • 間もなく札幌へ伴れて行かれる筈の、おきんが裁縫をしているのだった。 佐左木俊郎『熊の出る開墾地』より引用
  • その後間もなくブラドリーが従来には類のない精密な恒星表を編成した。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • 実際、その若者が病気に罹っているのが間もなく私にははっきりわかった。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • で、私たちもうちのあたりへ来る人々も間もなく彼を相手にしないようになった。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • それから間もなく森文部大臣が殺されたのだといふやうな気がする。 斎藤茂吉『念珠集』より引用
  • 間もなく不運なことが起ろうなどとは、誰もが思いもかけませんかった。 小金井喜美子『鴎外の思い出』より引用
  • あいつは機会さえあれば間もなく奴らを説いてそれを止めさせましょうよ。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • そこへ間もなく大旦那様の御変死という事件が起ったのでございます。 大倉燁子『蛇性の執念』より引用
  • 次へ »