間の夜行列車

9 の用例 (0.00 秒)
  • ヘルシンキ、モスクワ間の夜行列車の運行は以前のように継続されている。
  • 当時、しばしばミラノ〜パリ間の夜行列車を利用していたが、空の客室を見つけては練習していた。
  • また、この他に清凉里~江陵間の夜行列車が1往復、それに貨物列車も多く設定されている。
  • 一方、サハリンではユジノサハリンスク~ノグリキ間の夜行列車で営業している。
  • また、国鉄又はその民営化会社の線路を借りて別会社が独自の運賃で走らせている列車の一部、たとえばドイツのや、イタリアのイタロ、イタリア-フランス間の夜行列車にも乗車できない。
  • この快速列車の場合、いわゆる伊勢神宮参詣のための速達列車という意味合いのほかに東京駅 - 名古屋駅間の夜行列車の増発ともされている。
  • 「みずほ」の愛称は、1961年10月1日から1994年12月3日までの33年間にわたって東京駅 - 熊本駅・長崎駅間の夜行列車の名称として用いられており、日本国有鉄道・JRの列車名として用いられるのは新幹線の列車名で2代目になる。
  • パリ - ヴェネツィア間の夜行列車は、トレニタリアとヴェオリア・トランスポールが新たに設立した合弁企業Thelloの運営となった。
  • 同時にパリ - ハンブルク間の夜行列車がドイツ鉄道のナハトツークとなり、2002年冬にはパリ - ベルリン間、パリ - ミュンヘン間の夜行列車もナハトツークとなった。