間に臨時列車

14 の用例 (0.00 秒)
  • 毎年海の日に開催される港祭り花火大会などの多客時は金山 - 名古屋港間に臨時列車が運行される。
  • 遅れていた東海道新幹線を利用していた乗客のために、東海道本線で静岡-浜松間に臨時列車を設定した。
  • 元日の夜半過ぎの深夜には高山駅 - 久々野駅間に臨時列車が1往復運転される。
  • 以前は夕方に沿線の学生のために近鉄富田 - 保々間に臨時列車が1往復設定されており、この列車は休日と春・夏・冬の学校長期休暇期間は運休となっていたが、現在は運転日を指定する列車は設定されていない。
  • 現在では、紅葉シーズンを中心に、京都駅 - 嵯峨嵐山駅間に臨時列車が運転されているほか、定期列車の増結も行われる。
  • イベントなどが行われる時や修学旅行シーズンなどには赤迫・浦上車庫前 - 当電停間に臨時列車が増発運行される。
  • この賑わいは1940年の頃まで続いたようで、東海道本線が品川駅 - 藤沢駅間に臨時列車を増発するほどだった。
  • 試合開催日には、試合時間帯の快速列車が臨時停車し、あおば通 - 小鶴新田間に臨時列車も設定され、駅の体制も陸前原ノ町駅や仙台駅サポートセンターからの助勤体制となり、ホームには混雑緩和のための警備員が数名配置される。
  • 通常期は小諸駅 - 小海駅間を中心に小淵沢駅まで1往復する運用だが、小淵沢駅 - 野辺山駅間に臨時列車が増発される場合は、臨時列車中心に運用されている。
  • そのほか、毎年3月中旬に高尾野駅近くで行われる「高尾野中の市」開催時には出水 - 阿久根間に、10月第3週土曜日に開催されるやつしろ全国花火競技大会開催時には出水 - 八代間に臨時列車が運行される。
  • また正月三が日の日中には、奈良駅 - 高田駅間に臨時列車が1時間あたり1本運転され、1時間あたりの運転本数は、奈良駅 - 桜井駅では3本、奈良駅 - 高田駅間では2本となっている。
  • 北海道での気動車優等列車は、1957年6月に釧網本線の釧路 - 川湯間に臨時列車として運転開始した準急「摩周」が最初である。
  • 沿線で祭りが開催される日は、桐生 - 大間々・足尾以外に、桐生 - 水沼間、桐生 - 神戸間に臨時列車が運行される。
  • また2006年から2008年まで、全米女子プロゴルフ協会公式戦「ミズノクラシック」が賢島カンツリー倶楽部で開催される際は、近鉄四日市駅 - 賢島駅間に臨時列車が設定された。