間に快速列車

9 の用例 (0.00 秒)
  • 中国地方の中心都市である広島市と山陰地方を結ぶ短絡線である木次線が注目され、1953年11月に臨時列車として、米子駅 - 広島駅間に快速列車が運転を開始した。
  • 日中は普通の間に快速列車が2本運転され快速の運転間隔が短いことから、柏原駅での待避時間は約2分に抑えられており、以前のような長時間の待避待ちはなくなった。
  • また同じ157系電車を使用して新宿駅 - 日光駅間を結ぶ毎日運転の季節列車「中禅寺」も運行され、その合間運用で日光駅 - 黒磯駅間に快速列車も運行されるなど、当時の日光線は優等列車が多数運行されていた。
  • 国有化後はローカル線化していたが、大正時代に入って大阪電気軌道、参宮急行電鉄などの私鉄が並行して路線網を伸ばしてくると、輸送量が逼迫していた東海道本線に代わり、これらの私鉄路線に対抗する路線として注目され、近鉄に先んじて名古屋駅 - 湊町駅間に快速列車が設定された。
  • また新幹線と信越本線の柏崎駅・長岡駅方面との接続列車として、糸魚川駅 - 新潟駅間に快速列車1往復が新設される。
  • JR西日本も2008年におおさか東線の南区間である久宝寺駅 - 放出駅間を先行開業させて、同線・JR東西線経由で奈良駅 - 尼崎駅間に快速列車を走らせている。
  • 国鉄時代には宇都宮駅 - 烏山駅間に快速列車が運転された時期もあったほか、早朝上り烏山駅始発の1本は東北本線宇都宮駅以南に乗り入れ、小山駅で両毛線始発の快速「おおとね」に併結して上野駅まで直通していた。
  • カシュガルまでの全線を直通する列車は、2012年現在、蘭新線のウルムチ南との間に快速列車、普快列車、普通列車各1往復が運行されており、普快列車のみ喀和線のホータンまで直通する。
  • 新幹線と信越本線の柏崎・長岡方面との接続列車として、新井駅・上越妙高駅 - 新潟駅間に特急「しらゆき」5往復、新井駅 - 新潟駅間に快速列車2往復がそれぞれ新設され、前掲の糸魚川発着の快速列車と合わせ計8往復が運行される。