間に合う

全て 動詞
1,584 の用例 (0.01 秒)
  • こういう試験は半年ぐらい前から準備をしなくては間に合いそうもない。 稲垣美晴『フィンランド語は猫の言葉』より引用
  • 次発列車は一三時三一分の普通列車ですが、これで充分間に合うのです。 内田康夫『後鳥羽伝説殺人事件』より引用
  • しかし電話をかけていたならば、この電車には間に合わなかっただろう。 伏見健二/高井信/山本弘『妖魔夜行 魔獣めざめる』より引用
  • 汽車にもう間に合わないことはわかってるんだが、別になんでもないさ。 ワイルド/渡辺純訳『ドリアン・グレイの肖像』より引用
  • けれども何か変更を加えたほうがよいならば、今からでも間に合います。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • でも、それでも始めに距離を開けられていたため 間に合いそうにない! むぅ『「未来に向かって」』より引用
  • 二時の汽車のつもりで買物のために早く出たら、十二時のに間に合った。 宮本百合子『日記』より引用
  • 伊三次が現れないので不破は近所の出床で間に合わせたと作蔵は言った。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • まるで限られた在庫品の中から、急いで間に合わせに選ばれたみたいに。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 二十分ぐらいだったら、歩いて行っても間に合うなァと思っていました。 橋本治『無花果少年と瓜売小僧(桃尻娘4)』より引用
  • 進行検査にも間に合ったてんで、監督かんとくたちもほっとしていたようでした。 宮沢賢治『風の又三郎』より引用
  • 十七日に間に合うように、と出した手紙は思い通りに着いたでしょうか? 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 進行検査にも間に合ったてんで、監督たちもほっとしてゐたやうでした。 宮沢賢治『化物丁場』より引用
  • けれども、それは一九六三年のことだから、いまからでもまだ間に合う。 広瀬正『マイナス・ゼロ』より引用
  • 力を入れると割れてしまうし、慎重にやっていると時間に間に合わない。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • このままでは次期通常国会への提出が間に合わないと考えたからである。 草野厚『証券恐慌――山一事件と日銀特融』より引用
  • 二つ違いの兄弟とは言っても泉太と繁とはほとんど同じたけの着物で間に合った。 島崎藤村『新生』より引用
  • 暗い内に村を出て一の関まで車で飛ばせたら一番汽車の間に合うだろう。 村井弦斎『食道楽』より引用
  • 早い時間に店に寄り、そうすれば約束の電車に間に合うと考えていたのか。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 会社からそう遠くないので、こんな時間に出ても結構間に合うのである。 赤川次郎『女社長に乾杯!』より引用
  • 次へ »