間で臨時列車

12 の用例 (0.00 秒)
  • また、大阪駅 - 浜坂駅間で臨時列車として1往復設定されている。
  • このほか、繁忙期には博多駅 - 佐賀駅・長崎駅間で臨時列車が運行されることがある。
  • このほか、幕張メッセで行われる大型のイベント開催時には東京駅 - 海浜幕張駅間で臨時列車が運転されている。
  • そのためJR九州から経営移管された後も2006年開催日までは当駅 - 川内間で臨時列車が1往復設定されていた。
  • 秋も同様に神戸本線・地下鉄堺筋線および、河原町駅 - 嵐山線嵐山駅間で臨時列車が運転された。
  • 蒸気機関車館の開館当初には京都駅 - 姫路駅間で臨時列車「SL白鷺号」を定期的に何度か牽引している。
  • 目玉企画として、初日に2004年に営業運転を終了する2600形が旧塗装となり、新宿駅 - 海老名電車基地間で臨時列車として運行されるとともに、総合検測車であるクヤ31形が装飾されていない状態で一般向けに初めて公開された。
  • また、幕張新都心にある幕張メッセ・千葉マリンスタジアムでのイベント開催による多客に対応するために当駅 - 海浜幕張駅間で、船橋法典駅を最寄駅とする中山競馬場で競馬が開催されているときも多客対応で当駅 - 西船橋駅間で臨時列車が設定されることがある。
  • なお、「奥出雲おろち号」が運転されていない日には、木次駅 - 出雲横田駅間で臨時列車が1往復運転されている。
  • 毎年5月に開催されるウォーキングイベント「若狭・三方五湖ツーデーマーチ」の開催当日は、敦賀駅 - 小浜駅間で臨時列車が運転される。
  • 毎年8月第1日曜日に行われる松山港まつり・三津浜花火大会開催時は松山市駅 - 梅津寺駅間で臨時列車が運行され、混雑時間帯で1時間あたり8本体制での輸送となる。
  • また、2014年10月11日に光明池車庫で行われたイベントに合わせて、難波駅 - 光明池車庫間で臨時列車が運行され、泉北高速鉄道線で初の運転となった。

間で臨時列車 の使われ方