間で埋没

8 の用例 (0.00 秒)
  • 現在では両党の間で埋没の危機があるものの、一定程度の影響力を有している。
  • 宮内は共産党支持層以外に浸透できず、高橋と荒井の両候補の間で埋没する結果となった。
  • また第一野党である民主党への合流という選択肢を事実上封じている中で元々の所属政党である自民党から公認されないことになると、二大政党間で埋没する中で当選が難しい選挙になってしまう可能性が出てきたため、加藤の同調者の多くは動揺し、加藤は同調者を十分集められなかったのである。
  • そのため、同年8月に民自党を離党し、11月17日に新韓国党の間で埋没したため、選挙戦途中で鄭周永候補の支持を表明し選挙戦から撤退することを余儀なくされた。
  • だが、この時の総選挙で立憲政友会と憲政会の間で埋没した形となった革新倶楽部は議席を43から30に大幅に減らした事から、両党への不信感や党の将来に対する不安を抱く議員も現れるようになる。
  • 一方、二金の間で埋没し、敗北した鄭周永は選挙後に政界引退を表明、彼が率いていた国民党は五月雨式に離党者が続出し、群小政党に転落した。
  • アフマドの死後も、ジャライル朝の一族はアゼルバイジャン方面で活動を続けたが、王族間の継承争いをはじめ、15世紀を通じてこの地方を争奪した黒羊朝やティムール朝、白羊朝の間で埋没していった。
  • しかし、連立与党の間で埋没した上、政権内でのスキャンダルなどで打撃を受け、2002年選挙では有効得票率4%の議席阻止条項を突破できず、国民議会における全議席を失った。