間々田駅

11 の用例 (0.00 秒)
  • 間々田駅にはかつて乙女河岸からの乙女人車軌道が連絡していたが、水運から鉄道運輸への転換により廃止された。
  • 間々田駅は、栃木県小山市乙女三丁目にある、東日本旅客鉄道東北本線の駅である。
  • 間々田駅を出て宅地と田畑の間を行くと東北新幹線が東側から接近し、しばらく住宅地の中を並走すると水戸線が東から合流して小山駅に着く。
  • 乙女人車軌道とは、栃木県下都賀郡間々田村にあった東北線間々田駅と、思川乙女河岸を結んだ個人が建設した貨物専用の人車軌道である。
  • 小山駅は、上野方面から水戸線へ入るにはスイッチバックしなければならない配線となっているが、これでは貨物列車の直通に支障があるため、1950年に東北本線の間々田駅方面から小山駅を経由せずに水戸線結城方面に直通可能な短絡線が新設された。
  • 当初は宇都宮市郊外に建設する予定であったが周辺住民の反対に遭い、再度石橋駅 - 雀宮駅間で計画が練られたもののこちらでも周辺住民の反対に遭い、今度は間々田駅付近と小金井駅付近が候補に挙がり、それぞれの地元が誘致合戦を行った結果、小金井駅付近に開設されることになったという経緯を持つ。
  • 野木駅を出ると小山市に入り間々田駅、さらに小山駅にかけては栃木県南部の田園地帯で線形がほぼ直線でありその只中を疾走する。
  • なお、朝日自動車のバス事業の事実上の前身である東武バスのバス事業の華やかなりし時代には、境町ターミナルは一大拠点であり、野田市駅、幸手駅、間々田駅、下館駅、結城駅、栗橋駅、新古河駅、岩井、さらには東京駅や浅草などへ向かうバス路線も存在していた。
  • 当初目論んだ栃木県北から東京への河川併用の低コスト貨物輸送も、間々田駅、乙女河岸での2度の積み換えが予想外に手間取ったことと、思川の度重なる河川改修により思惑通りに進まなかった。
  • 説明:間々田駅を通過する快速「足利藤まつり3号」桐生行き。
  • 間々田駅- 乙女河岸営業当時は「宇都宮線」の愛称は無い。